So-net無料ブログ作成
検索選択

英国探偵ミステリア 総評 [英国探偵ミステリア]






英国探偵ミステリア (通常版)

英国探偵ミステリア (通常版)

  • 出版社/メーカー: マーベラスAQL
  • メディア: Video Game








①シナリオ ☆☆☆☆

個人的にミステリもの、というと、どうしても謎解きのクオリティ面に目を向けてしまって、イライラすることが多い私なのですが、この作品は違いました。
おそらく、少年少女たちが恋と冒険を経て成長していく様子が主軸になっているからだと思います。
ミステリ仕立てのジュブナイルのような雰囲気が全体的にあって楽しめました。

また台詞をはじめ、食器のブランド、お菓子、事件、人物の背景などなど。
この時代のイギリスらしさが表現されているところもとても好印象。
個人的にとっても気に入ったのは、言葉選びが巧みなシニカルジョークの数々です。

あと、恋愛過程に関しても、昨今ではめずらしく上品な流れになっており、安心してプレイすることができました。エミリーがどの子にも大切に愛されているなあということが感じられて、素敵でした。
かといって、全体的にぬるいのかといわれると、そういったこともなく、事件などは凄惨なもの、後味の悪いものも含めてあり、なかなか飽きさせない作りになっていました。



②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆


綺麗さが異常(笑)
びっくりでした。
きらきらしてるといいますか、艶々しているといいますか。
……稀にみる美しさでした。
スチルの構図も素敵でしたし、なによりエミリーをはじめとするキャラクターの表情がとってもかわいらしくてどきどきしちゃいました。
あと、英国らしいトラッドなコスチュームの数々は、ものすごく可愛くてハイセンス。
ハリントン学園の制服ひとつをとっても、キャラクターそれぞれの着こなし方、着崩し方がなんともいえず、本当にチャーミングでした。


③キャラクター ☆☆☆☆☆


没個性なルートがなくとても楽しめました。
また、どのルートを通っていても、他キャラクターが賑やかしに出てきてくれますので、ハリントン学園探偵科の結束力や友情を感じられるお話であったり、親子の複雑な関係を楽しむお話があったり、と、「恋愛だけではない楽しさ」がありました。

執事と過ごす、毎朝日課の朝食タイムも何気ないシーンですが、好きですね。

恋については、かっこよさ、というよりかは、可愛らしさが勝ちましたかね。
それはおそらく設定された彼らの年齢より私が上だからなのでしょうが……。

みんなそれぞれに漠然とした不安を抱えています。この年独特の「壁」にぶつかっていたり、「生きる意味」を探しているキャラクターたち。それを乗り越えていく過程が、ひとりひとり、テーマに沿ってうまく描かれているなあと感じました。

ヒロインをひとことで表すならば、猪突猛進なお嬢様ですかね。
後先考えずに行動してしまう、という一面は、何事に対してもアグレッシヴだといえば聞こえはいいですが、「自分から災いの種を蒔いているだけ」ととらえられても仕方ないかもしれませんね。
いくら、「彼」を想っての行動だったとしても、結構突っ走ってしまうエミリーちゃんです。

そんな彼女を誰一人本気で責めることない、懐の深い英国紳士(ひとりはサムライボーイですが)揃いの作品でした。



④システム ☆☆☆☆


章またぎが可能な、ジャンプ機能はものすごく便利ですね。
だから快適なのは快適なのですが、共通ルートの事件解決のためにいろんなところを訪れたり……というのを毎度毎度繰り返さねばならないのはちょっとしんどいかもしれない……(笑)
まあそんなに分量はないのですが!

あと、若干反応が遅いですかね?
セーブコマンドの立ち上がりも、ちょっとゆっくりです。
押してから選択されたり、音声が流れる前にちょっと一拍あくような、そんな感がしますが、そんなに焦ってゲームをしなくてもいいと思うので、許容範囲でした。


⑤作品の完成度 ☆☆☆☆


ゲーム全体が纏う、イングリッシュ&ファンタジックな雰囲気がとても素敵な作品です。

エミリーが着ているドレスのように、細かな部分まで丁寧に仕立て上げられたんだろうなということが伺えましたね。お話の「重さ」とのバランスがちょうどよいからこそ、楽しめる世界観でした。
ミステリ的にどうかといわれると、これはこれでひとつの「ミステリ」の形ではないかと私は思います。
謎解きのオチであったり、トリックの質がすべてではないですからね。

どちらかというと、推理、というよりかはアドベンチャー的要素が大きいですけど、支離滅裂ではなくきちんとお話として成立していて、それでいて見せどころがあるので非常に口当たりのいい感じでした。

また時代設定もよかったですね。
自分の目で、手で、足で何事も調べなければいけない時代です。
それだからこそ生まれる探偵科メンバーの絆であったり、真相を追及する彼らが切磋琢磨する様子の面白さがあったように思います。

非常にエンターテインメント性の高いゲームでした。
すごく楽しかったです(‘ω’)♪



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。