So-net無料ブログ作成
検索選択

しらつゆの怪 総評 [その他乙女ゲーム]







しらつゆの怪(限定版)

しらつゆの怪(限定版)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game






①シナリオ ☆☆

制作者さん側が設定に酔いすぎてるのか、完全にプレイヤーの感情を置いてきぼりにしてしまうシナリオでした。すべてをひも解いても、やっぱり底が浅かったかなという印象。相手との距離感を探りながら、「やっぱりやめよう」「でもやっぱり好き」を繰り返して近づいていくというようなリアルな恋愛を描きたかったのはわかるけれども、その割には「先祖返り」や「村の慣習」などがちょっと材料として異質すぎたような気がしました。
印象的には盛り込もうとしすぎて、散らかったちゃった感じかなあ。
しかし男子高校生たちのゆるい会話であったり、おまけ内でのメタな会話は楽しませていただきました。

乙女ゲームなはずなのに、ヒロインが絡むと、あれ、あれれ……ってなっちゃう感じがしました。
百物語については、内容的には「男子高校生」たちが語るにふさわしいレベルだったなと思います。


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

とっても綺麗だし、立ち絵のポーズやスチルの構図もぐっとくるものが多かったです。
枚数もかなりあるし、満足。
ただ、ちょっと思うのは、これだけ彼らの「話し方」や「性格」をちょっと今っぽくしているにも関わらず、なんでこんな私服??ってキャラが数名?
もっと○○系、って感じで各キャラ振ってもよかったような気がしないでもないですね。
制服がすごく可愛いだけにちょっともったいないなと思いました。

怪談モノだから怖いの?怖いスチルあるの?
とお思いの方もいらっしゃると思いますが、血の表現は若干ありますけど、たいしたことありません。


③キャラクター ☆☆☆

最大の難点は、ヒロイン「露葉」です。
ネガティブヒロインがダメって方は、おすすめしようがありませんww
個人的にネガティブヒロインだろうと鬱ヒロイン、癖の強い子カモンカモン!な私ですが、彼女は私が初めて出会ったとんでもない悪女でした。
性格が悪い、可愛げがない、攻略対象に合う合わない、などという意味ではなく。

なんというんでしょうか……せっかく立てたはずのフラグをぼきぼき折っていくかのような……(苦笑)

ヒロインに恋愛を妨害されたのは、これが初めてです、私wwww

男子高校生たち5人+おにーちゃんはとってもみんないい子です。
可愛いし、いい感じにチキンで、いい感じにエロいですからね(笑)


④システム ☆☆☆

システムは基本的にオトメイトさん仕様です。

が!

最初に一緒に「探索」する相手を決める部分でもうすでに個別ルート入りに近いシステムなくせに、選択肢がものっすごく少なく、これ意味あるの?というエンド分岐……など、ノベル系ADVにしても程があるやろ、な感じだったのが今作は残念でした。
なんのために、こんなに共通ルートが短いのかが全くわからない。
そんなシステムでした。
BGMは素晴らしかったですし、OP、EDも綺麗でした。
挿入歌の使われ所がいまいち謎でしたが、挿入歌は素敵ですね(^u^)
サントラ希望☆


⑤作品の完成度 ☆☆☆

まるっと含めると、私は楽しみました。
慣れれば、クソゲーとして途中で放り投げるほどではなかったです(笑)
というのは、残念すぎる調理を施されてしまった設定と全編通して二度読み推奨なシナリオを全力でカバーする、キャスティング、BGM、スチルの素敵さのおかげでしょうか。

うん、それはもう全力でカバーしています(^u^)

恋愛のシチュエーションとしては悪くない感じも多かっただけに、骨組みの部分が惜しいなあと残念で仕方ありません。

あと個人的になのですが、ショタでもなんでもない年頃の男の子たちが、「~なの」と言葉を結ぶ感じがたまらなくカワイかったですね。全員が年下という、思い切った設定も好きですしね。
細かいところを見ていけば、面白い部分も程よくあったように思います。





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。