So-net無料ブログ作成
検索選択

ガーネット・クレイドル portable ~鍵の姫巫女~ 総評 [その他オトメイト作品]



ガーネット・クレイドル ポータブル ~鍵の姫巫女~ (通常版)

ガーネット・クレイドル ポータブル ~鍵の姫巫女~ (通常版)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game







①シナリオ ☆☆☆

ちりばめた伏線を回収しきれているのか、いないのか、フクザツなのか単純なのかもわからない――最後に開放されるサーリヤルートまでやってもまだ判断がつかないという(笑)謎すぎるお話なのですが、まるっと「まあこんなもんだ!」と割り切ると、恋愛シーンは十二分に楽しむことができました。
「夢」をテーマにしているのもあって、抽象的な表現が多いから、いまいちこのシーンは何を表しているんだろう、と立ち止まってしまったりもしますが、全体的に初恋の甘酸っぱさがどのルートも詰まっていて、どの子もかわいらしいです。

あと、気になるのは、金太郎飴……ってことくらい??
でも、そうだなあ……このゲームはどちらかというと、お話の流れよりも、恋を知らない少女が、ちょっと気になる男性(マイナスイメージだったりもする)→この人こそ私のアミール!(王子様)ってなる過程が素敵なゲームなので、そこまで気になりませんでした。


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆


あんまりキャラデザ(制服や王子服のデザインなども含めて)は個人的に好みではなかったのですが、恋愛シーンのスチル構図、アングルなどに関してはすっごいツボでした!!
なかなか「これ!!!」というものに最近出会えてなかったのですが、これのスチルはすごく萌えるものが多かったです。
キスシーン、ハグシーンひとつをとっても、とっても印象的なものが多かったです。
枚数は多くもなく少なくもなく、といった感じでしたがものすごく楽しめました。

③キャラクター ☆☆☆☆


メインはやはりサーリヤなのですが、他キャラクターにもそれぞれの魅力がありました!
また、2つの世界を行き来することによって、見えてくるキャラクターの本音と建て前がうまく表現されているなあと思いました。
人数もちょうどいいし、バランスのとれた5名でした。
サーリヤもラストにプレイするにふさわしい人物だし。
ヒロインは……いわゆる「鈍感」キャラではありません。恋に関してのみ、目をつぶろうとしているような……どこか無意識に、恋に落ちそうな自分を一生懸命コントロールしているんじゃないか、というような、そんなタイプです。
だからこそ、認めてしまった時……!!(笑)……な、「初恋」の物語でした。
うっかりネタバレそうになりますww

素敵なサブキャラクターも多いですし、満足です。


④システム ☆☆☆☆


私はPSP版をプレイしましたので、安定のオトメイトさん仕様ですね。
攻略もそう難しくありませんでした。
面白いのは、いろいろ失敗しちゃうと、ループを繰り返すような演出があったりしたところかな?
おまけとか、そういうのはなかったんですけど、シンプルでよかったです。



⑤作品の完成度 ☆☆☆☆


乙女ゲームと考えると良作だと思います。

あまりお話を真剣にとらえすぎると……もやもやしまくって、恋愛どころではなくなり自滅しそうになりますので(笑)お気をつけてwww
各キャラクターとの恋愛を表現する上で使われているモチーフであったり、夢か現実かもわからないような、ふわっとした表現が散りばめられたロマンチックなシーン演出が、なかなかに素敵な作品だなあと思いました。

ただ、今年(2013年)に発売されたプリンセスアーサーにハマって、その方のシナリオだからやってみたい……!と意気込んでプレイすると若干肩すかしをくらうかもしれません(笑)
やはりプリサーの方が、シナリオの質は高いかな、と個人的には思いました。

恋愛描写の丁寧さはこちらの方が上な気はしましたが。

あと、キャスト買いのみなさまにもお勧めです。
特に立花さんのファンの方は、挿入歌があったり……と、なかなかに美味しいキャラクターでした。あと近藤さんのツンデレキャラもめずらしいし、平川さんのさわやか体育会系も、またレアだなあと(すごい個人的な意見ですけどwww)




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。