So-net無料ブログ作成
検索選択

楽園男子 総評 [その他乙女ゲーム]



楽園男子

楽園男子

  • 出版社/メーカー: 拓洋興業
  • メディア: Video Game







①シナリオ ☆☆☆

TAKUYOさんらしいテキスト運びなので、個人的には気持ち上げて3.5くらいかな?
ここのゲームは(シリアス路線の作品を除き)ノリがなかなかに個性的なので、そこがまず人を選びそう、というのはありますが、普通の学園ラブコメだったらつまらないので、これくらい遊びがあった方が面白かったです。
恋愛モノのシナリオとしての大筋は、普通に面白かったですね。

このゲームの特徴はやはり「取り合い」。

親友同士の男の子2人が、同じ女の子(ヒロイン)を好きになっちゃって、しかもお互いにそれがわかってて、相手をさりげなく出し抜こうとしたり、相手のことを思うフリしながら、牽制してきたり、時にヒロインを想って身を引いたりして、今度はヒロインの心をその行動で縛ってみたり。……という、じりじりとバトルや駆け引きが展開されていくところがナチュラルでありながらも、あざとくもあり、とっても楽しめました。

個人的にはもうちょっと、台詞に幅があると素敵だなあと思いました。
登下校のシーンや、テニスコートであったり、生徒会であったり、と同じ舞台で毎日お話が展開していくせいもあって、結構台詞が同じようなものが多かったイメージがありました。

あと原作の、あの雰囲気が好きなファンの方は、おそらく「これ違う!」って思われると思います(笑)
かなりテイストが違うゲームになってますので、お気を付けくださいませ。


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆

キャラクターデザインについては、原作のある作品ですので(一応)原作者さんの絵の雰囲気をきっと大事にされたのだと思います。原作を簡単に予習しただけですが、キャラクターの容姿、スチルなどについては、あまり違和感なく、すんなり入れました。(中身はともかくww)

スチル枚数に関しては、かなり少ないです。
でも、おまけ(シークレット)でハーレムスチルが見られたり、ハッピーエンドその後の甘いスチルがあったりと、そこでカバーしてくれていたので、個人的には十分でした!
TAKUYOさんゲームのスチルが少ないのは、今に始まったことじゃないしww


③キャラクター ☆☆☆

原作キャラクターの「名残」くらいしか残ってない気はしました(笑)
が、半分ほどが、オリジナルキャラクターですし、ヒロインも違いますし、クラスメイトの雰囲気とかも全然違うので、もうある意味、別モノ。なので、こういうのも、アリだと思います。

非常に少女マンガ的な学園の王子様たちに「取り合われる」総士&光栄ルート。
大人な雰囲気で迫られる、ちょっと昼メロチックに「取り合われる」真明&麗ルート。
二人は実は……!?連続テレビドラマ小説……みたいなノリで「取り合われる」真介&秋彦ルート。
そして、お約束の「幼馴染」との恋愛、そして「約束」の物語が楽しめる幸兎ルート。

それぞれのライバル組が持つイメージが結構違うので、ルートによってかなりゲームに対するイメージが変わります。なので、どの組のルートをやる時も新鮮な気持ちで遊べました!


④システム ☆☆☆☆☆

システムに関しては超優等生、TAKUYOさんです。
相変わらず、履歴ロードは素晴らしいし、次選択肢ジャンプもあるし……!!
あと、おまけもものすごく充実していました。
ボイスもすごく多いし、おまけスチル量も多いし、ものすごく楽しめました!!

そしてこれから攻略される方は、共通BAD&幸兎ルートを先にクリアされた方がいいです☆そのルートクリアでもらえるビーストアイテムを入手しておいた方が、格段に攻略が楽になる&ボイス付テキストが増える、という+αがありますので、ぜひ!

エンドの種類もものすごく多いのが特徴。

BADもたくさんあるし、BEAST、裏切り……。
すべて回収するとキャラクターたちの意外な一面が見えたりして面白かったです。

しかも回想からCGクリックでボイス付コメントが聞ける、という点も、もうおなかいっぱい!素晴らしいシステム面でした!!


⑤作品の完成度 ☆☆☆☆

ちょっと甘めにつけてみました。
というのも、あんまり「期待してなかった」(ひどい)というのが大きいと思います。

学園ラブコメとしては、正直、普通……なんですけど。
それを補えるだけの「声優ファンにとっておいしい」シーンや台詞、がいっぱいでした。

好きなキャストさんがおられて、どうしようかなって迷っておられる方がいたら、全力でおすすめしたいと思います。なかなかに素敵な「取り合い」が楽しめると思います。

本命ルートで、甘々な台詞を聴いてる時。
ライバルルートで、嫉妬や切なさでいっぱいに染まった台詞を聴いている時。
また、裏切りエンドで、キレてしまった台詞を聴いてる時。
BADエンドで、自分の想いを振り切ろうとする台詞を聴いてる時。


これ、まさに……至福の時。

です……!!!うっとり。

というわけで、キャスト買いさんにはとっても楽しい一本になると思いました(^u^)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。