So-net無料ブログ作成
検索選択

冬桜抄-さくらがたり-(R18) 総評 [その他乙女ゲーム]











①シナリオ ☆☆

R18タイトルでなかったならば、☆3つですね。
そういうシーンがある、ないというだけではない、大人だからこその、シナリオの味わいが年齢制限ゲームにはあって然るべきなんじゃないかなあと思うので……。
というかむしろそれを期待して購入しているので……ちょっと残念でした。
材料はとってもいいはずなのに、なんだか料理の仕方を間違えた感じがしました。
なんとなく大味だなあと。
切ない雰囲気、テーマなのに、なんだかヒロインの性格もですが、ざっくりしすぎていて(笑)白けちゃうシーンが多々ありました。


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆

嫌いではないんですが、R18ゲームに合ってるかって、言われるとちょっと???となります。スチルの枚数的には、特に不満はありませんでした。
かなり好みに左右されると思います。


キャラクター ☆☆☆

☆3つは甘いだろうか……(笑)

正直、メインヒーロー(吹雪と真人)ありきのお話で、他3人がちょっとゾンザイな扱いになってましたので、その辺が気になりました。
若干ベタな真相、正体ではありますが、それなりにモチーフとしては可愛かったり、素敵だったりしたので、……本当に、うん、シナリオの惜しさが目立つ……といいますか…(笑)


システム ☆

インストールでも手間取りましたし……とにもかくにもバグがひどすぎる……。
もうその一言です。
正直、キャストさんのファンだからどうしてもやりたい!!というレベルでない限り、普通に購入をためらうレベルです(笑)


⑤作品としての完成度 ☆☆

申し訳ないけど、ちょっとこの値段をとってこのクオリティはお粗末すぎるかなあと。
まだ、シナリオやテキストの質なんかは、R18作品でなければ、いろいろと溜飲が下がる余地があるかな、とは思うのですが……なんといっても、雑すぎる作り……には、文句をいいたいですね……。


それだけです。






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。