So-net無料ブログ作成

下天の華 総評 [下天の華]





下天の華

下天の華

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game






①シナリオ ☆☆☆☆

ネオロマ作品らしい、訪問した先で起こしたイベントが徐々に連鎖していき、エンドまでひっぱっていくタイプです。ノベル形式のADVゲーム系が多くなった昨今では、もうなかなかお目にかかれませんので、そういった意味でも貴重だなあと思いました。
非常にコンパクトにまとまっており、無駄なくキャラの「要点」をしっかりとおさえたイベントがほどほどにあって、飽きる前に全員コンプできるボリュームです。
最初はちょっと手こずるかもしれませんが、慣れてくればあっという間にエンドまでたどりつけてしまう快感。忙しいネオロマンサーにはぴったりの作品です(笑)


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆


スチルの演出方法が非常に素敵な作品でした。

スチル表示の時の効果やら、きらきらした演出、また、キャラクターの髪が揺れる動きが表現されていたり……と、さすがネオロマ、さすがルビーパーティ作品、と唸るくらいに乙女心を鷲掴みだなと思いました。
やっぱり美しいです。キャラクターデザインが個人的にあまり惹かれなかったのですが、このスチルの演出の仕方や、エンドロールのイラストなどを見ていると、だんだんと「なんて雅!!」と思えてくる不思議。
これぞ、ネオロママジックといいますか……まんまとかけられました。


③キャラクター ☆☆☆☆


個人的に、「史実の人物」をキャラクターのモチーフにしている時代モノ作品はあまり楽しめないことが多いのですが、これはあくまで「史実は史実」、「フィクションはフィクション」と割り切っておられるので、ものすごく楽しめました。
なので、○○って結局最後はこういう理由で××で死ぬってわかってんだから、もうシナリオもなにもなくないか……?というのがない。ちゃんとどのキャラクターもハッピーエンドが待っています。うまく、史実に乙女ゲームならではな解釈を加えてちゃんと新しい恋愛ストーリーになっているので、キャラクターたちも生きていました。
さらに、ちゃんと史実の人物がモチーフとして使われていることに意味のあるキャラクターにもなっているので、そこもまた安心して楽しめるんですよね。

ただ、ものすごく個人的にですが、やっぱりネオロマ。
みんなふたを開ければ「優しい紳士」であることに変わりはないので、面白みという点で足りなかったな♪

(ただのわがままです)


④システム ☆☆☆☆☆


いやー、シナリオの部分でも書きましたが、昨今まれにみる訪問系乙女ゲームなんですよね!!!
なんで最近、ノベル形式しかないのでしょうね(笑)いやまあ、攻略が簡単だからなんでしょうけど(あと作る方ももしかしたら簡単なのかな?)くのいち、というヒロインの特性もあって、ちゃんと適当なシーンで、適当なものに変化しないとお話が進まなくなってしまったり、とちゃんとゲーム性があるところも、ものすごく好感持てました。

なんせ、ゲームとしてやってて楽しかったです♪
ただ、夜のみ選択できる「誘惑する」がほとんど成功したためしがないのはなぜでしょうか……(笑)


⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆☆


アンジェからのネオロマファンですが、やはり期待を裏切らない出来でした。

遊ばず嫌いはいけませんね……。
なんかフルボイスになっちゃったし(それは喜ばしいことなんですけどもね)また時代モノだし(信長の野望30周年記念作品という理由があったとは知らず)……とか、もしかして他乙女ゲーム会社のやり方を追随しちゃって、ネオロマらしさが失われてやいないだろうか、と遊ぶまではすごく不安だったのですが、やっぱり乙女ゲーム元祖の会社のタイトルです。
個人的には、いい意味で裏切られたなーといえるだけの楽しさがこのゲームにはありました!

すごく手軽に遊べるし、萌えも十分だし、個人的にはいうことありません!!
ほんと、面白かったです……!

しかし、またコルダみたいな作業がっつりゲームもやりたいなー♪
コーエーさん♪



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。