So-net無料ブログ作成
検索選択

下天の華 徳川家康&森蘭丸感想 [下天の華]




さくさく攻略がうれしたのしい、下天の華。

やり方がつかめてくれば、「個別ルート」というものがありませんので、とっても楽ちん♪
でも、浅いかといわれると(まあ、浅いのかもしれないが)そんな印象まったくない。

なにより、やっぱネオロマ作品素敵だなぁって思うのは、起こしたイベントに対応して、ちょこちょこ登場人物の反応が違ったり、さしこまれるプチ会話があったりして……その辺ものすごく丁寧だなぁと感動しました。

こういう細やかさって!イイネ!

あと、最近訪問系ADVゲームなくなってますけど、やっぱり訪問するの楽しいよ!!

楽しいよ!!!

それでは、徳川家康&森蘭丸ネタバレ感想です☆






☆徳川家康

平和主義な家康様です。
過去、迫られた女性を拒絶したが故に、けがを負わせ、さらにそのことでひどい噂をながされて、
「女って怖い……!」となってしまった優しきお人です。

女性に触れただけで卒倒するほどの女性恐怖症なのに、そういった皆が「情けない」という部分を受け入れ、根気強く付き合ってくれる桔梗姫(ほたる)にだんだんひかれていきます。

しかしこのルートも例にもれず、信長の暗殺を命じられるほたる。
しかも、「毒であっても、使い方を間違えなければ薬になる」と、心優しい家康に教えられたばかりの、トリカブトを用いての暗殺命令でした。

が。
実行に移せず、毒が入っている、と信長自身に忠告してしまうほたる。
光秀に雇われた忍びであったこと、謀りごとに加担していたこと。
すべての事実を知り、すっかり家康は「裏切られた」と思い込みます。

もう会わない。
忍びとでは、やはり道は交わらないのだ。
ほたるがあきらめかけたとき、本能寺での奸計を知ります。
ただ家康を守りたい、そう思い駆けつけるほたる。
そうして、そのまっすぐなほたるの姿に、彼女も任務を背負い、悩み苦しんでいた優しい人だったのだと気づき、二人は最終的に三河の国で幸せに暮らします。


いーえーやーすー!!(違うゲーム、違うゲームww)

こほん、失礼しましたww

えっと……なんてかわいらしいお方なのでしょう?(にこり)

なにより、長身で、前髪で目を隠してて……おどおど。
っていうだけでちょっとかわいいです。

極め付けはアレですね。

「なんてかわいい小鳥さん」
「かえるさん、こんなところにいては踏まれてしまうよ?」
「お地蔵様……傘をどうぞ」

うん、もういっそ、私ずっと変化していたいの(笑)

だって、動物とか無機物に見せる表情の方が愛らしいんですもの!
家康ちゃ…いえ、家康様。

もうお互い好きだってわかってるくせに(かなり早い段階でデレる家康ちゃん)気持ちの核心的部分を述べようとして……恥ずかしくなって、しどろもどろ……(照れ)みたいなシーンがすごく多くて、もうなんかお背中ばっしーん、って叩きたくなりましたwww

ぬぼーっとしているようでいて、やはり家康様。
意外と耳聡く、ほたるがぽろっと漏らすと「今のお言葉を忘れるなんて無理です」と、ちょっと真剣な口調で言ってみたり、と、なかなか天然キラーっぷりもうかがえました!

女性恐怖症の彼に対して、裏切るような任務をこなさなければならない、っていうのは、本当にいいシナリオですね(にやり)

彼だからこそ、ほたるのことを信じられずに、ほたると向き合うことから最初、逃げ出してしまうのだろうなぁと。
やっぱ女なんて信じられないんだよおおおおお!!(涙)
って感じですねwwww
しかし、グレないところが、いえやすちゃんクオリティ。


それでも最後、ほたるを守って本能寺で戦う家康ちゃんが、べらぼうにかっこよかったです。
なにあのスチルww

片手でぼたるちゃん抱き上げて、片手に刀を持って……とか!!
しかも顔つきがもう、あのいえやすちゃんじゃなくて、家康公になってるー!?
って感じで、どきどきしました☆

ラストは、前髪をちょきりと切って、男前にwww
うーん!あるだろうなぁどこかで、と思ってたけど、まさか最後だとは思わず♪

家康って驚いたときのまあるいおめめがかわいいですよねー!

まあ、でも、相対的に見てこのルート……。
というか、このキャラクターでこのキャスティング??
が若干。

あざといなwwwwww

と思ったのは、私だけでしょうか(笑)

うん、でもいいんだー。
ぴったりだったしー♪



☆森蘭丸

信長様命その2!
小姓の蘭丸くんです!

明智光秀のふたごころ(裏切り)を疑っているせいか、最初は「妹姫」である桔梗にも、あまりなついてくれません。ほたるも、若武者七介として化けた時に接する蘭丸との違いに、どうやって縁を深めようか、当初迷います。
しかし、信長の小姓としてまだまだ自信がなく、信長に戦に出ることを許されない(信用されていないと感じている)蘭丸がこぼした、信長様のためなら死ねるのに、というような愚痴。
それに対し、信長様のために死ぬのではなく、生き続ける強さを持ち、いつまででも信長様を支えようとする覚悟の方が大事、といった桔梗の言葉によって、恋に落ちてしまいます。

初恋の初々しくもバレバレな蘭丸の言動がこそばゆく、信長や秀吉がちょっかいをかけてくるも、そのまっすぐで飾り気のない蘭丸の言葉、態度に惹かれていくほたる。

しかし、やはりこのルートもある、信長の暗殺の任務。
大切な人の、いちばん大切にしている人を殺さなければならないことに、心を痛めるのですが、任務は任務。しかし、失敗に終わり最終的に、ほたるは忍びとしての正体がばれ、蘭丸自身にとらえられてしまいます。
そして、信長の目の前でほたるを「斬れ」と迫られる蘭丸。(信長はわざと煽っています)
もちろんそれは然るべき処遇なのですが、蘭丸は信長に訴えます。
自分が責任を持って監督をするからどうか、どうか、命だけは助けてほしい。
体を張って、ほたるを守ろうと必死な姿をみせる蘭丸。
男として、ステージをひとつ上ります。

最終的には本能寺の変での働きがみとめられ、忍びをめとってもいいぞ、とのお許しがでちゃう、っていう信長様のおかげで成長していく蘭丸くんでした。


うん!
これは成長の物語ですね!

というか、彼のルートはほんと、いちばんオーソドックスといいますか……騙されるわけでもないし、騙すわけでもないし……お互いとお互いの生き方がぶつかりあう、といいますか?
そういうルートでしたね。

かんざしを送って、組みひもをかえす、というあの一連のシーンは好きです。

あの店の店主に、姫にそんなものは似合わない!俺のイメージではコレなんだ!!とちょっとぷりぷりするシーンは、思わず笑ってしまいましたねww

なにこの子、カワイイw

髪に触れられるのもちょっと恥らったり。

なにこの子、カワイイww

思ってもみない密命に心を沈ませていると、散歩に連れ出して川岸でそっと手を重ねて来たり。

なにこの子、カワイイwww


……それしかねぇのか。

ええ、ないです!!!(断言)


まあでもこのルート、信長様がかっこよすぎてですね。

蘭丸に一皮むけてほしいという、なんといいますか、親心……じゃないな、魔王心?

あ、もっと違うかwww
失敬失敬wwww

あと、秀吉のあて馬具合とかですね……みんなの生暖かい応援と見守りが身に染みるルートでした(笑)

うん。
カワイイ!

でも、私は、いえやすちゃんのあざとさの方が、個人的には好きかな?


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。