So-net無料ブログ作成
検索選択

Black Wolves Saga-Last Hope- 感想(猫ルート) [Black Wolves Saga]



はい!
お次は猫種ルートです!!

……ああ、ユリアン。
何故あなたは攻略できないの。
それだけで、猫ルートの面白さは……半減するよう……!!!

双子王子と、この子が城にいるから!
この……この黒猫ちゃんがいるから、面白いんだよう!BWS!!!
(BNのネタバレるからいえない。LHでは全く明かされないから全くいえない)


ネタバレ感想は続きからどうぞ!








☆メヨーヨ

アルルとの確執は明らかになるものの、なぜメヨーヨとオージェがこうなってしまったか、がLHでは明かされないので。

……ただの暴君ですねwwwwwww

あ、うん、まあBNでもその認識は変わりないんですけど。

ただ、エンドに関していえば、確実にこちらの方が乙女ゲームらしいです。

結局メヨーヨが欲しかったものは、BNでももちろんそうなのですが「メヨーヨ自身をみてくれる人 」なわけなので、狼との戦いに敗れ、すべてを失って初めて自分が求めていたものの為には、権力や地位、ましてや敵愾心なんていらなかったのだ、とメヨーヨが自覚する、というベストエンドは、BNからやってる身としては、よかったね、メヨーヨ!!(涙)となるところではあります。

そして例に漏れず、私。
このバッドエンドも好きです。

現実を認識できないメヨーヨが、フィオナをエルヴィラ、エルヴィラと呼び、さらにはまだ自分が王子であるかのような振る舞いをして……。
牢獄の汚れたコップを、入れたての紅茶が入ったカップだと思い込んで、フィオナに渡すくだりなんかは、ちょっとうるっときました。
ああ、なんか、すごく、すごく。
憐れ……。

それだけのことをしてきた(BNを辿ってくると、ほんと、ざまあねぇぜ的な感じですけど)メヨーヨですけど、彼もまた……ぶっちゃけオージェのおもちゃだったような気がするので。
ほんと、……憐憫の情を勝手に抱いてしまいました。

……そして。
そんな彼を居た堪れなくて、喉をナイフで引き裂いてあげるフィオナ。

……ああ、そうだったね……!!!!
こういう一面もあったね、フィオナって。
狼ルートの彼女より、BNの彼女はこっちよりだった気がする……。

妙に納得したエンドでした。


☆オージェ



オージェはなにがあってもどう転んでも、オージェだったという……。


以上!

あ、だめか。

オージェはメヨーヨよりやっぱり酷い。
よくわかりました。
きっかけはBNで明かされてはいますが。
こいつは最初っから、サイコパスな匂いがします。猫だけど。

まあそこがオージェの面白さなんですけどね!!!!

てか、なんでオージェ助けたよ、フィオナ。

というかこの話で、オージェ助けるっていう選択肢でてくること自体がおかしいよwww
メヨーヨはまだ、婚約者だったし……次期国王という身だし……というのがわかるとしても、だ。


殺されるよ???


案の定バッドエンドは。
そんなオージェを助けたばっかりに、自分の周りどころか、ウェブリンを破滅の道に導く結果に。

……そりゃもう、どうでもよくなるわなwwww
どうでもよくなって投身自殺したくなるわなwww


ベストエンドもやはり。

まあ、そうだよな。
このコのソレは死んでも治らないよね。うんうん。

BNのフィニッシング・ストロークよりかはだいぶましだけど。

……あまりのショック幼児に精神が後退する、つまり。
「中身(人格)」が壊れたフリをする、なんて。

一体そこに、何が生み出されるというの?
それをしたからって、なんだというの、オージェ。

きっと、永遠にフィオナに絆されることもなく。
裏切ったら最高に楽しい瞬間を見定めて、ずっと待ち続けるんだろうな、この子wwwwww

ある意味、この子も、かわいそーな子ではありますがねぇぇぇ。
ただ、賢いだけに害があるから……。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。