So-net無料ブログ作成

蒼天の彼方 総評 [その他乙女ゲーム]






蒼天の彼方 通常版

蒼天の彼方 通常版

  • 出版社/メーカー: 澪(MIO)
  • メディア: DVD-ROM




蒼天の彼方


①シナリオ ☆☆☆☆

瑞獣に選ばれしヒロインと共に攻略対象それぞれの「天命」を見届けるストーリーとなっていて、ルートによって軸になる事件や展開が少しずつ違ってくる丁寧さに好感が持てました。
フローチャートで可視化されているルート分岐も親切だし、フルコンプ率も一目瞭然。そのために1セクションが短く、とぎれとぎれになる、というデメリットはありますが、それを余りある丁寧なシナリオでした。最初に選んだルートによっては愛した人を幸せにしてあげられなかったりもするけれど、プレイヤーが頑張って「天命」に対して貪欲になり続けて周回プレイを重ねると、幸せに出来なかった大好きなあの人たちがハッピーになれるエンドが待っているところも好きです♪


②スチル・ヴィジュアル ☆☆

このゲーム……ほんとここだけだと思う……。
というくらいに、なんだか立ち絵からスチルから……もうちょっと丁寧だったらいいのにな……と口惜しいです。
シナリオでうううっ……!ってきても、スチルの顔がちょっと怖かったり、焦点があってなかったりすると……いろいろと半減してしまうので……。
枚数的には十分だとは思うのですが……。
ちょっと酷かもしれませんが、絵がもっと、もっと素敵で色気あるものだったら、もっともっと売れた作品だったような気がします。


③キャラクター ☆☆☆☆

細かいサブキャラクターにまで、分岐エンドがあったりして非常にいろんなキャラクターを楽しめました。たくさんのキャラクターが登場しますが、攻略対象だけじゃなくサブキャラクターにまでも細かい背景や描写が散りばめられていて、すごく素敵でした。
何故だか最初っからいろんな人からモテまくってるヒロインに関してですが(笑)ちょっとお人よしな部分はありますが、自分でいろんなことを解決しようとする志が強くて個人的には好きでした。ルートによって、結構性格に幅がある子なのですが、軸はブレてないので好感が持てました。


④システム ☆☆☆☆

バグもないし、シナリオの部分ででも触れた「フローチャート方式」というのが個人的には気に入りました。あと、このルートは何パーセントまで進んだ、などというのも表示されるし、失敗した!と思ったら、簡単に戻るべき場所がわかる(分岐点を探しやすい)ところもイイです。スキップなども早いですし、周回プレイ必須なゲームらしく、苦じゃない作りになってました。
しかし……最近の短めな乙女ゲームに慣れてると、「うげ!長い!」ってことを実感させれられるフローチャートシステムでは、あります(笑)


⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆

うーん!
個人的には名作だなーと思ってます。

ホント、絵だけで(元から好みじゃないっていうのもあるんですけどね……)あとはほとんど言うことないかなっていう……(笑)お話も素敵だし、単に甘いだけのゲームでもないし、架空の中華っぽい世界でありながら、すごく設定が細かい(から長いのですが)し、なにより、最後にしか攻略できない人のルートが、すべてのルートのあんなシーンやこんなシーンを喚起させる作りになってて、フルコンプして初めて「蒼天の彼方」が分かる、という構成も好きです。

とにかく。
前野智昭さんと、細谷佳正さんファンの方は、やって損はないです。←ここ大事ww

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。