So-net無料ブログ作成
検索選択

蝶の毒 華の鎖 幻想夜話 尾崎&他感想 [蝶の毒 華の鎖]




うっわー。
華アワセ久々に楽しいなー。
ヤバいなwwwww

なによりお求めやすいお値段なのがウレシイ。
(以下少し華アワセの内容に触れてますのでご注意、ネタバレってほどでもないです)








このゲーム面白いのは、ヒロインが「蛟が好き」という前提でどの子のルートも話が進むっぽい、ところですね。

……蛟さんが好きだったけど……いろはさんもいいかも、ぽっ。

じゃなくて。

蛟、蛟と言い続けるヒロインに。

なんでッ、俺じゃないんだよッッ!!!!!
(もちろんこんな台詞ありませんよ)

……って他キャラがキレるルートなんですよ。
単純に言えば。

……なんて、素敵なんだwwwwwww

あたし、うん。
いろはとなら、堕ちてあげてもいいよ?(涙)

……ってなんか、まだ3部作の1作目だから、意味わかってないのに、こうなっちゃうこの不思議さ(笑)

この寺島さんスキー!!!!


ごほん。

華アワセもとりあえず、いろはと蛟終わったので、ちゃんと感想書こう。


まあ、まずは。
とにかく三郎が美味しすぎた(FD未プレイの方には何が何だかですねww)蝶毒FD関連ラスト……!秀雄さんと、褒美&終幕もろもろの感想です☆











☆尾崎秀雄

*あなたとワルツを(秀雄の決心)

秀雄の決心パートを見ると、「なんだ結局秀雄さんは秀雄さんじゃないか、うふふ」とか思うのですけどねー!結果はどうあれ誰かに、何かに翻弄されてる不憫さが、安定の秀雄さんですww
鏡子さんにまあ、得体のしれないもん、もらっちゃってさぁ……っていう。
それが本当に仲直り、に繋がったのだから、まあもう、鏡子さんやら斯波さん、瑞人兄さんあたりには、手にとるようにわかるんだろうなぁこの二人のことがwww

実家に帰った百合子が、家族(&家族同然の執事)に「なにか辛いことがあったらいつでも相談するんだよ」と甘やかされて涙をほろり、それを見て「俺の家はそんなに嫌か!」と大激怒する秀雄さん……に、なんだコイツ、と思った既婚者の方はおおぜいいらっしゃったのではないでしょうか……(笑)

でも赦してやってください。
秀雄くんは本当に純粋な人なんです……
コレが治るのは、あと10年くらいかかりそうな気がします……(笑)

私自身は、これきっかけで、あんな風に(本編ED)百合子をどこでも連れていくようになったのかーと妙に納得させられるエピソードだなーと感じました。
ED後だし、ラブラブ甘全開!……なだけのFDエピソードってつまらないですしねぇ。

新婚当初には、よくあるすれ違い……別に最初から同居とかじゃなくても、そんなに実家がいいのか!?っていうね(笑)まあでもそんなすれ違いを、繰り返していって、夫婦になっていくわけですよね、秀雄さんと百合子さんはwww
まあ時代もあるだろうしなぁ……身分とかもいろいろと……まあるくいったら幸せ以外の何物でもないけれど、ちくちくとその中には、とげが刺さるような痛みがあったりするものなのです……。

秀雄と一緒に踊りたい、と言っていた百合子のために、こっそり深夜練習するところが、とっても真面目な彼らしい愛情表現で、素敵だなぁと思いました♪
まあ、あのダンスから……あーれー、な流れは、FDですからね。
そりゃあ、頑張ってもらわないと!!!
秀雄さんにもwwwwww



*くるくる、くるくる

HAPPY派生のエピソードテーマの「ダンス」が、こちらでちゃんと対比されていて、美しかったです。
個人的にBAD派生エピソードの中では一番好きです。
こういう、「百合子に一生操を立てる」という、自己満足な愛情の上に成り立っている勝手な誓いによって、秀雄が破滅していく様を見ているのはとても楽しかったですねぇ……うふふふふ。

こちらのルートも女ってコワイ生き物だなぁというお話ではあるのですが。
斯波さんは本当に、器が大きいのか、懐がでかいのか、はたまた、俯瞰して物事を見過ぎてるのか。
いや、たぶん、単に彼は自信があるんでしょうね。
百合子を包括的に見て、一番幸せにしてあげられるのは自分だ、という、ねぇ。

確かに、もう子供が二人もいて、金銭的にも裕福で、旦那も優しくて、別に不満もないし、ってなると、いまさら……。
どれだけ好きな気持ちはホンモノでも……ねぇ。

しかも秀雄が独身で、っていうならともかく、自分も親の顔、家の顔を立てて、良家の娘と結婚して……ってとこまでしてるくせに、正直どれだけ逢瀬を重ねて、身体を重ねて愛してる、百合子だけって言われても。
口では私も秀雄さん愛してるっていってても。
「いまさら何いってんの」
って片隅で思ってるんですよねぇ。
……女って打算的な生き物だから。
そういう生き物だからなあ。

だからこそ、女がとる打算的でない行動、というのが美しいわけでありまして。
百合子がそうあった頃に、きちんと決着をつけておかなかった秀雄さんが悪いのですよねー。

しかも斯波さんに、女ってそういうもんだろ、百合子も例外じゃないよ、といわれて、ムキになって、イラツいてついに、自分が百合子だけ、と守りぬいていた誓いすら、自ら破ってしまう秀雄さん。

最終的には、キレちゃって、衆人環視の中で、百合子踊ってくれよ!と勝手に手をとって、くるくる、くるくる……!!!(涙)

いままで、大事に大事に守ってきた体裁とか、世間の目とか、そういうのぜーんぶ、がっしゃーんと壊す様は、まるで癇癪を起して積み木を倒す子供のようです。
そこが、また純粋だった秀雄さんだからこその、壊れ方といいますか……とっても素敵でした(笑)

あああ、よーく考えなくても、つくづくバカだよねぇ。
もう斯波さんと子供をもうけた時点で百合子が、いちぬけた、って手を上げてることくらい、普通の感覚ならわかるはずなんですよね。
そこが、ほんと、愛しいなーと思える秀雄さんなのでした。


☆褒美&終幕


ここでのヒーローは、あの蝶毒1のブサメン、さぶちゃんです!!!!!
しかも声が、三酉さん!?
ちょっと、なんで阿片中毒者……三郎こんな扱い!!??

……超イケメンに変☆身!!!!!

しかもなんか生意気ショタぽくって……。

可愛いじゃないか!!!!!!

そんな彼が登場する、褒美パートと終幕パート。

褒美パートでは、混浴が趣味のさぶちゃんの恥ずかしい趣味の話から、混浴調査になる話と、いつのまにか陰陽師見習い?百合子(さぶちゃんの悪霊退散のために)になり、彼女によって謎の呪文によって召喚される攻略対象(眷属)たち……という、カオスな展開。

これぞ、FD。
これぞ、裏蝶毒の楽しさ!!
……いやー本当に楽しかったです(笑)

本編ではドロドロしまくってるくせに、テンション振り切って攻略対象たちが遊びまくってますwww
真島、お前は本編でもおまけパートでも、さぶちゃんに何をするんだ、何をwww

とにかく、蝶毒好きだー!!って方は、ご自分の目で見て耳で聴いて。
大爆笑してくださいwww

いやー、ほんと、ある意味、ここにFDの真の価値があります(笑)

そして、終幕パート。

まあある意味、キャラたちの本編+FD反省会、みたいな場所なんですが……。

ああ、可愛い。
本編内容なんか……ぶっとぶくらい可愛かったです。

なにあの。

猫祭り……!!!!!!!!

全員猫耳つけて、にゃあにゃあ言ってる様は、もう……本編であーんなことやこーんなことをやったり言ったりしてる人間には程遠いほど、可愛らしく、微笑ましいwwww

人のルートエンドにケチつけまくったり、「お前の方が変人にゃ!」(感じ)と蝶毒猫メンズたちが、あーでもないこーでもないといって罵りあう終幕なんて、誰が想像できたでしょうか!!!
しかも最後まで、美味しいとこは三郎にもっていかれるという、この終わり。

いやー、蝶毒MVPは三郎ですね。(断言)

ほんと、サイコーでした!!!
アロマリエさんありがとう!!!

蝶毒という作品に出会って、初めてR18の面白さに目覚めたというのもあって、やはり個人的には、乙女ゲームを語る上で切っても切り離せない作品となりましたね☆
FDもホント、ユーザーの期待を裏切らない作品でした……!!




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。