So-net無料ブログ作成
検索選択

L.G.S~新説封神演義~ 総評 [その他オトメイト作品]



L.G.S ~新説 封神演義~(限定版)

L.G.S ~新説 封神演義~(限定版)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




tai180_150.jpg


①シナリオ ☆☆☆


個人的にメインシナリオご担当の砂原さんが好きだ、というのは置いときます(笑)

置いた上での感想ですが、全体を通してヴォリュームもあり、ルートごとに全く違う展開、全く違う切り口で、「封神計画」に関わる攻略対象の心の奥底を覗いていくようなストーリーには、好感が持てました。
ただ、封神演義、というものについて全くなにも知らない!という方には、若干「なんでここがこうなる?」とか「そんなに大したこと(もの)なの?」という温度差が生まれる可能性がある作品です。私自身も青春時代に流行していた少年ジャンプ連載の藤崎さんの封神演義で、かじっている程度なのですが、それでもないよりはマシかもしれない、と思いました。
超能力的なアイテム「宝貝」が数多く出てくるため、どうしても最終的に、いわゆるご都合主義的展開、を迎えているルートも、ちょっとあります。

個人的にはこのゲーム、ストーリーの着地点よりも、ヒロインの楊栴がどう恋に落ちたか、そのヒロインを攻略対象たちがどのように愛そうとしたか、というところに重きを置いて楽しめたので、そこまで気になりませんでした。(私自身、シナリオの整合性というものが取れてないと、ものすごく気になります)……目をつぶれる程度のもの、……というか、それに目をつぶっても楽しめた内容ではありました。
あと、このゲームをちゃんと理解するためにはフルコンプ必須です。
1ルート(天化とか最初にやったらなんにもわからないまま)だと、壮大に広げられた風呂敷が畳みきれてなくて、拍子抜けしてしまうかもしれませんのでご注意!


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

綺麗だし、枚数も多め。
さらには個人フルコンプも、全員フルコンプもおまけスチルがあります。そのあたりはすごく丁寧だし、攻略する楽しみが生まれますwwたまに、コワイくらいに、目が大きいなー…!と思うスチルもありましたが、標準衣装と違うエンドスチルや、切ないバッドエンドには、きちんと素敵なスチルがあり本当に綺麗でした。
立ち絵も……ちょっと目パチ口パクのゲーム(最近多いですよね)に慣れてると、若干「アレ?」って思ったりしますけど(笑)表情も豊かで素敵でした。
個人的には、ミニキャラ?が……あんまり、この、みではないかな…??

あ、そうそう!動く背景もとても綺麗でした!


③キャラクター ☆☆☆☆☆

最近ではめずらしく、全員がそれぞれ全くイメージが違う。被ってるキャラがいないのは好感が持てました。しかも、約1名、とても乙女ゲームとしては挑戦的だったんじゃないかなー、と思われる性格をしています。その心意気に拍手。
あと、すごく個人的に、ですけど、キャラクターデザインが素晴らしいと思います。あれだけ某マンガで固定イメージのある「封神演義」のキャラクターたちを、「L.G.S」という乙女ゲームならでは、の個性的かつ美しく、しかも、すんなりプレイヤーに入ってくるあのヴィジュアルは素敵でした。今回は、ほんと、常にキャスト買いだった私が、太公望の斜め分けに惚れこんで手を出したので(笑)

④システム ☆☆☆

これは、なぜ愛キャッチがなかったのでしょう???(笑)
ものすごく、疑問なのですが……発売日に攻略された方は、大層骨が折れたと思われます。
好感度も分かりにくいし……!!
あと、この作品のお姉さん的作品S.Y.Kのシステムを踏襲してなのでしょうが、S.Y.Kみたく、MAP選択によって選べるミニシナリオがあったり、アニメのように毎回章の終始にOPとEDが入ります。S.Y.Kほど、アニメ!感がなかったので(おそらく絵柄や、簡素すぎる次回予告などが原因)、いるのかしら??とは思ってしまったのは事実ww
でも二期OPが個人的にとても好きだったので、毎回見てたようなもの好きもここにはいます。


⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆

良作であることは間違いないと思います!
久しぶりに、オトメイトさんらしい、といいますか、無難な良作だなぁというイメージ。
音楽も素敵だったし、あんまりこれといった、欠点は見当たらない。(誤植が多いみたいですが)
常に荒探しながらプレイしてるわけではないので当然かもしれませんが、純粋にお話を楽しめるゲームって、個人的に久しぶりだったので(笑)採点は甘め、かもしれません。
糖度は低め、かもしれませんが、それを補うだけのスチル・台詞の美しさと声の力がありました。トータルで考えて、L.G.Sは萌えたか、と聞かれると、私は迷わずイエスと答えます。

しかし、S.Y.Kの楽しさを期待して購入されると、んーそこまででもないかも?と思うかもしれませんね。ディレクターさんも違いますし、厳密に言えばS.Y.Kとはまた全然別の作品だと思います。(S.Y.Kメインスタッフの作品を、と思われた方にはぜひCLOCK ZEROをお勧めします)

フルコンプして、新説封神演義の世界まだもうちょっと楽しんでみたいな、と思うほどではあったので、私は大満足でした☆
FD期待してます……!!

まあ、とっても自己中心的な感想なので、アレなんですが……。
私はこのゲームで太公望師叔に出会えただけで、幸せでした(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0