So-net無料ブログ作成
検索選択

越えざるは紅い花 ノール&エスタ感想 [越えざるは紅い花]




ときめける変態さん、ノール。

ぜんっぜんノーマークっていうか、むしろ苦手な部類の人だと思って、テンション上がってるうちにやってしまえー!と突撃したんですけど……。

意外と、よかったよ……!!(不覚!)

紫原さんが、すごく素敵だった……!!
ほんと、ドキドキした……!!
しかも、スタンダードな意味でも、別の意味でも(笑)割と、本気でドキドキさせてくれるノールさん。
展開に目が離せなかったよー♪

もっとセラ(NOISE)っぽい感じかな?と思ってたんですけど(政務補佐っていう役柄的にも)……いや、っぽくはあるんだけれども、セラとはまた違う変態路線で、なんといいますかww

スレンとナランにもドキドキさせてもらったけど、と、と、とまらない☆
どうしようー!!楽しいよー!

それでは、ノールネタバレ感想いきまーす♪




ノールも、スレンと始まりは似ています。

脱走して捕まった(この場合は、スレンではなく、どこぞの小隊長)親友の代わりに、娶られようとするナァラ。しかし、その場を収めようとやってきたノールを見て、「私はあなたに娶られたいわ」とナァラがノールに衝撃発言をします。

色事にも、結婚にも興味のないノールなら、もしかしたら汚されずにすむかもしれないという淡い期待と、ノールが、トーヤと王妹である自分を結婚させて、政治に利用しようとしている事実を逆手にとってやろうと、考えての発言なんですが、案外あっさりとノールは妻として迎えてくれる、という、お互いに腹の内を探りながら、の新婚生活が始まっていきます。


身代わりに受ける脱走した罰……なんですけど。



この人超酷かった……!!

文鎮投げてよこして、ご自分でどうぞ、とか(爆笑)
それで、口裏合わせといてあげますよ、みたいなwww

酷いよ!!痛そうだよ、どう考えても辛いよ!!(号泣)


この件が、ずーっと最後まで、尾をひいてくるから面白いww
ことあるごとに、「おや?文鎮が欲しいなら、そうといってくださればよろしいのに(冷ややか)」「金と銀と銅、どれがいいですか?」とか……ちょっとナァラが逆らおうとすると、すぐに持ち出してくるんだよ、文鎮ww

恐ろしい……!!
この人とっても、恐ろしい……!!(笑)

まあ、さすがに……そこまでは可哀想だと思ったのか(笑)
その代わりに、賭けをする、というところに話が転がっていきます。


トーヤが政を進めるにあたって、やっかいな派閥がありました。
その派閥の長ともいえる、オルテ大臣をナァラの力で、トーヤ側の意見に引き込んでもらえないか。
それができればナァラの勝ちで、ナァラの願いである「ルス側から女性を攫ってくる」という方法をとることをやめる方向で尽力してもいい、と言うノール。
条件は、「決してノールには逆らわないこと」。その上で、ナァラはオルテ大臣の説得を試みます。

オルテ大臣、しかもなかなかしっかりした大臣で、世界情勢についても、腐死についても、民についても、一理あるなと思うような意見をしっかり持っている人です。
そんなオルテ大臣を説得するのは、とても至難の業でした。

意見を交わすことも許されず、「不在だ」と門前祓いされ、会うことも許されない日々が続きます。
来る日も来る日も、ナァラはただ、オルテ大臣の屋敷の前に立ち続けます。
心が折れそうになっても、ナァラは決してあきらめようとしないのでした。

この姿に、だんだんと絆されていくノールさん、なんですけど……。
ただ、毎日毎日、「ここで待たせて頂きます」って頑張るナァラは、ほんと、根性据わってるなぁと思いますねぇ……。でも、ナァラって「きっとこうしていれば、想いは伝わるはず!!」とは全然思ってなくて、「いくらこうしていたって、まだスタート地点すら、立てていないのよ、ナァラ」と、自分を鼓舞し続ける姿が、なんか男前でした……!!

雨の日についに倒れるんですけど、それをノールが見つけて「あなたは本当に、馬鹿ですね……」って連れて帰ってくれるシーンは、きゅん……!!

仮面まで被って、ノールだってわからないように暴漢に襲われそうになったとこを助けてくれたりとか(まあそうでなくてもナァラは強いが)、常にエスタにナァラをわからないように護衛させてるとことか、……なんだかんだいっても、この人も、ナァラのことが心配でしょうがないんですね……!!
もっと素直になればいいのに←キャラが崩壊する。


嫉妬イベントがすごく好きです……!!


ノールが、所有の証とつけたキスマーク(ナァラは気付かず)を、スレンに見つかって、スレンがさらにその上からキスマークつけ直して、それを見つけたノールが「ナァラがスレンのものになってないか」確認する、っていうあの、もうなんていうか、もう、恥ずかしいからそんなことさせんといてー的なシーン(笑)

あの。

「私は自分のものに手をだされるのが、大嫌い、なんですよ……?」

って囁く声が、声が声が声が!!

たまらなかったです……!
艶っぽい……色っぽい……!!くらくらしましたwww

この人、変態さんなんですけど(いや、変態さんだからか)、なかなか、触れてこないんですよ(笑)
ぜんぶ、命令。

しかも、ぎりっぎりの命令なんですよね(笑)
サラシ巻くシーンとかぞっくぞくしました。
……こんな趣味ないはずなのに(あるのかなww)


サラシ巻いてあげるからおいで、と言われて嫌々いったら、わざとサラシを落として、拾えって言われて、しかもそれがノールが座ってるちょっと後ろで、それを取るためには、胸をノールの膝にのせなきゃならなくて、とか……嫌々頑張ってやっととれる、とか思ったら、足で蹴って、わざと奥へ蹴って手を届かないようにしたり、とか(笑)

なんて虐め!!
なんて辱め!!!

とか思ってたら、あっさり、「風邪ひくから、早く巻いてしまいますか」みたいに、急に優しくしてくれる、っていうこの……ふてぶてしいまでの……!!!

ノールに翻弄、されまくりwwww


この翻弄され具合がとっても、楽しいんです、このルート……!
こういうのが随所にあるんですよね……もちろん終盤のそういうシーンも、そんな感じだし(笑)

こんな羞恥プレイ&放置プレイ大好きなノールさん。
実は北の国の王子様(笑)

ノールは七番目の王子様なのですが、この国は生まれた順番を重んじる国だったので、才能に溢れているのに政に参加する資格がありませんでした。そんな弟を憐れに思って、文武両道であることを、武術大会などで一番になり、証明できれば、お前にも地位を与えてやると約束するんです。
しかし、それを成し遂げても、兄たちは「お前そんなの信じてたの?馬鹿じゃない」と約束を反故にされ絶望していた中、海賊船に襲撃され、ノールだけナスラに漂流し、トーヤの父に拾われた、という経緯があります。


そんな昔話を、おとぎ話に喩えてしながら、雨の中、倒れたナァラの看病を続けるんですよ。
私はあなたの敵なのよ?というナァラに対して。

「信じるから、騙される」

という発言を残すのですが、すごく複雑で……ノールがナァラを敵だと思ってるから、騙される、っていう意味だとしたら、それは……!!
みたいなww

このゲーム、『敵』だと思ってるから、気持ちの本質が見えてこずに気付かない、っていうシーンがすごく素敵……なんです!会話のセンスもすごく好きだなぁ……!!

その、ちょっとノールのことってもしかして……と思い始めた時に、ようやく、大臣の方に、とっかかりが掴めるんです。
たまたま、奥さんを伴ったオルテ大臣にはちあわせて、どうか話を聞いてください!と縋りつくナァラに、貴族出身の大臣の奥さんは、空気の読めない一言。

あなたの髪、綺麗ね。羨ましいわ、くださらない??

ナスラでは女性は髪が長いほど美しいとされています。
醜女と呼ばれることを覚悟で、その場で髪をばっさり落とし、ナァラは奥さんにあげるんです。
その代わり、どうかトーヤ王の意思を汲んでいただけないか、とお願いするんですね。


ここの、髪を自分でばっさり落とすナァラは超かっこよかった……!!!
やっぱ固定観念にとらわれない女の子……というか王女様なんですけど、……ほんと、素敵!!
もう、みんな惚れるの、わかるもん(笑)
まぶしすぎるほどの、真っ直ぐさだよ……!!

でもこの後、やっぱり無理が過ぎて、倒れて……ようやく承諾がもらえそうだったのに、なんで肝心な時に倒れるの!私の馬鹿!って、ベッドで悔しがるナァラちゃんは、うってかわってすごく可愛かった……!

でもちゃんと、想いは届いていて、ノールに大臣から、その、真っ直ぐさを受け入れよう、という書状が渡されるんですけどね☆

これで、ノールは賭けに負けたことになり、新法も、ちゃんと議会を通り、さらにはナァラとの約束を果たすために、一生懸命ルスの女たちのために、奔走してくれます。

この辺から、……相変わらず変態なんですけど(笑)
また、ちまちまちまちま……香油塗りながら触るだけ、とか(詳しく書けない)みたいな焦らしプレイがはじまってww
でも、もうこの頃にはナァラもノールが好きになっちゃってて、玩具としてしか見られてないのはわかってても、ノールの心も欲しくなるナァラは、正直にノールを求めるんです。

そんなナァラにちゃんと答えてくれるんですけど、どうしても、疑って憎まれ口をたたいちゃうナァラに。

「認めていない者を抱くほど、私は暇ではありませんよ。いい加減にわかりなさい」

ってノールに言われるんですよ!!

このセリフが超好き……!!
甘い台詞は一切、ノールさん、ないんだけど(まあラストは別として)……ナァラと一緒に「え、それってww(どきどき)」みたいな反応を、モニター越しにリアルにしたよ、私ww

こうして、二人は「契約」として始まった夫婦関係を、本物にしていきます。

最終的には、ノールはなりふり構わずかつては自分が捨てた故郷……つまりは憎い兄たちにも、女性不足問題解決に協力してくれないか、という親書を出すんです。
自分の妻の未来のために。

そして、その時に、兄の相変わらず失礼な物言いにも動じずに、「人を信じることの素晴らしさ」と、それを最愛の妻に教えてもらったのだということを、幸せそうに語るんです、ノール。

あの、最初の変態っぷりからは想像できない……!!!(笑)
しかもいつのまにか、「私の、可愛い姫」って姫呼びだしwwwww

でも、最後まで「賭け」に拘るこのシナリオ。
ルスに帰りたければ、離縁してあげる、とノールに言われて、ちょっと寂しく思うナァラなんですけど、それにも条件がある、と告げられます。

私から、あなたを愛する心を奪ってみせてください。
それができれば、あなたと離縁して差し上げましょう。

その言葉に、ノールを抱き寄せて、一生涯かかるかもしれないけど、私はあきらめないわよ、っておどけていってみせるナァラちゃんなのでした……!

ああん、もうwww
なんて可愛らしいんだろう、二人とも!!!

ラストシーン。
政務補佐の妻として、外国語を学ぶナァラに、嫌みにも外国語で話しかけるノールなんですけど、あの、「どこかの言葉」っぽく演技されてる紫原さん、すごかった…ww
ほんとにありそうな言語だwww

最後は、ちゃんと甘-くて、ほんと、楽しかったです♪
出会った時の文鎮騒ぎはどうしたもんかと、爆笑しましたけどww

最後の最後に、軍部のクーデターに巻き込まれて、夢半ばにして死ぬエンドも、超好きだったけどね!!
あのノールを失って絶望するのではなく、彼の意思を、引き継いでみせる!
と、エスタの主となって、ナスラで生き抜く決心をするナァラが超、素敵だったから……!!
ほんと、このルートのナァラ、超かっこいいんだよ……!!
惚れてまうやろー!って感じです。


しかし、この素敵なノール様。
トーヤやエスタなど、いろんな人に良い顔してると、私という夫がありながら、他の男を誘惑するなんて、なんて……と、攻め立てられて、途中から、嫉妬心を暴走させて、酷い行為にばかり及ぶようになり、ま、す……!!

こっちのルートは、ほんと、なんかすべてがね、すべてが痛そうだった。
もうそれしか書けない(笑)

最後はこういうゲームお決まりの、愛玩人形、っていう奴ですね。
2パターンあるんですよ、しかもww
壊れ方が2つ……!!正真正銘に壊れるか、薬で単にノールしか見えなくなるか、なんですけど。

薬でノールしか見えなくなるパターンからの、エスタエンドに行けるんですが。

ずーっと、ノールの手足として隠密行動をしていたエスタがノールを裏切って、ノールノールと言いつづけて監禁されているナァラを連れて逃げる、というエンドです。

このルート、超切ないの……!!

ナァラはノールしか見えなくて、薬のせいで視力が失われているので、連れて逃げているエスタをずっと「改心してくれたノール」だと思ってるんですよ……!!

エスタなのに、ノール、ノール、って言い続けるナァラに、ノールのふりをして応じるエスタが……もう、なんて切ない!!!

エスタはノールに買われた奴隷で、暗殺などの汚い仕事を担ってきたんです。
それでも、部下として大事にされてきたので、なんの不満もなかった。
それ以上を望むという、心すらなかった。
でも、ナァラが「あなたは私の友達だわ」と言った時から、ナァラのことを守りたいと、思うようになった、というエスタ。

ほんと、優しいんです……!!
声も素敵だし……!!無感情で、無機質っぽいのに、ちょっと感情が混ざってくる、あの絶妙な感じがたまらなかった……!!

そして、最後には、一度だけ。
心はまだノールだと思ってるのに、ナァラの口だけが、思い出したかのように、「エスタ」って名前を呼ぶんですよ……!!
あの、あのシーンは、もう、きゅーん、となりました……!!


ほんと、脇役まで、すごく素敵だなぁ……!!紅花……!!
捨てキャラ、マジでいない。

感動ww


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0