So-net無料ブログ作成
検索選択

TOKYOヤマノテBOYS SWEET JELLY BEANS 恭平・プレジデント感想 [TOKYOヤマノテBOYS]



SWEET JELLY BEANS一応コンプ。
ただし毎度のことながらシークレットテイルは100%いってないww

エクストラボイスに…モノマネして、って欄があるんですがww
そこがめちゃくちゃ面白かったww

拓海→虎太郎  →テンションの低い「べりーちゃーん」
イエス→伊織 →違和感まったくなしwwイエスがチャラい!!
歩夢→哲 →歩夢くんは器用。とってもお上手ww
伊織→ハマー →照れが入って、撃沈ww
虎太郎→ルーシー →全然ルーシーじゃない、ただの虎太郎(笑)
哲→悠斗 →鳥海さんがガチすぎる
ハマー→拓海 →微妙にわかめくささが残る拓海ww
悠斗→イエス →悠斗様の口から信じられない言葉の数々
ルーシー→歩夢 →うますぎるお!ルーシー!!
プレジデント→恭平 →コロスしかいってないww
恭平→プレジデント →恭平さんも照れが入って「似てないよね」ってはにかみ。

みなさん、声優さんとしてではなく、キャラとしてやってらっしゃるので…そこが面白かったですww
あえて、本キャラの声を崩さないままモノマネってハードル高いですよね!
でも、ルーシーとか哲はもうキャラ変わってたけど、ルーシーは「アーティスト」だからこれくらい簡単、で片づけられてたww哲さんが悠斗のマネして、悦に入ってたのが可笑しかった(金持ちのフリってやつで)


それでは残りふたり。
簡単に感想です♪



☆プレジデント

…これは、攻略した、とはいえないのではwww
ヤマノテBOYSより私を選ぶなんて、困ったプリンセスですねー、という感じで、プレジデントと特別デートをして、明日からは真実の愛を見つけるために頑張ってくださいね!という終わり方です。で、モノローグとかで「もう少し若ければ可愛いプリンセスは私のものになったのでしょうかね」的なものが…。
…やっぱり悪役だからか、プレジデントとがっつり恋愛はできませんねww
でもあの、三浦さんの独特のしゃべり方がすんごい耳に残るディスクでした。
というのも、本編以上に出番がおおい…っていうかしゃしゃり出てくるので☆


☆来栖恭平

恭平さんルートはすんごいよかったなぁ。

あんまり全員が救われるエンドって、いまいち無理があって嫌いなことが多いんですが、このディスクならこういうのもアリかなと。

イエスと恭平、恭平と伊織の物語がすべてつながるんですよね。
それは、今回のディスクはクリーピングⅥを発症したヒロインを、9人のプリンスたちが全員で守るルートなんです。
ヒロインのお相手は恭平。
キラーナイチンゲールと相対する時に、ちらちら垣間見える「恭平としての本心」。
隠された本質にある彼を知りたいと、殺されるかもしれないのに、近付いていき、だんだんと感覚や意識を共有していくんです、恭平さんとヒロイン。
ヒロインが恭平を助けたがっていることを知って、みんなはヒロインのために、特にイエスは恭平を助けるために、伊織は恭平を許すために、一生懸命、打開策を探るんです。
プレジデントを問い詰めるも、殺されてしまい、街に出ればあっという間に「プリンセスを出せ!」と囲まれ…、ぼろぼろになりながらもなんとか、解決策を見つけ出すのでした。

悲恋ルートと恋愛ルートがありまして。

悲恋ルート。
やっぱり恭平さんの意識は最後までワクチンに喰われてしまって、それならばと、ヒロインが恭平の刃にかかります。
そのことによって、目的を達成し、自我が戻った恭平は、プリンセスの選択を目の当たりにして、一人にはしない、と後を追うんですね。
その二人を茫然とみているイエス…。というようなエンドになってます。

恋愛ルート。

恋愛ルートは、まさにフェアリーテイル!って感じでした。

ヒロインが殺されることを厭わずに恭平にキスをして、お互いに芽生えた真実の愛に目覚めさせ、そのことによって完成した、恭平体内にあるクリーピングⅥを恭平体内になるワクチンで相殺。すると、ヒロインが母体となっていたウイルスの方も、消滅。(このウイルスは、真実の愛に芽生えた二人の力がないと完成しない…らしい!)

二人は助かります。でも、殺人鬼として犯した罪は消えない。しかしそれを暴く証拠がない。
また裁かれる機会を失ってしまった恭平は、ヒロインと二人で、東京を離れどこかの深い森で生活を始めます。
世俗から離れて、自分を見つめ直し、やり直すために。


あくまで、主役は9人のヤマノテBOYSなんだなーと思いましたね。
確かに恋愛するのは恭平さんなんですが、ヒロインのために一生懸命アツくなったりするのは、9人のプリンスたちなのでww

ハマーが追っかけてくるウッドリンクのやつを足止めするために、涙をこらえて、イエスや伊織を目的地に先に行かせた後、…ルーシーに、全員がいなくなってから「もういいよ、頑張ったね、ハマー」といった瞬間にハマーが「びえー!」と泣きだしたのは、なんかちょっと胸が熱くなりました(笑)

…みんな、普段は個性的すぎて、ぐちゃぐちゃなのに、こういう時のチームプレイぶりには、お姉さん感激しました!!

あと歩夢くん、超強いのねww
「あいつは怪力の類らしい」って拓海がいってたけど…あんなかわいらしいのにww
イエスの背を、拓海と歩夢がバッチリ守り通す姿にも、お姉さんは感動。

渋谷で攻められまくるいおりんを、みるに堪えかねて虎太郎が啖呵きるのもよかった!!
マジなんだもん、フルーツ屋の息子!超かっこいいよ!!
…いおりんはとっても可哀想なんだよねぇ。妹もウイルスに感染してるし、ヒロイン殺せば妹助けられるんすよ!とか言われたら、もう…キレるしかないもんね、いおりん。
しかも、「あの時恭平さんを許さなかったから、殺人鬼が生まれたんだ…俺のせいだ…」とかいってるいおりん、…どこまでアンタって子は背負いこむんだ…!!お姉さんは悲しいよ!
ここでも確か、ルーシーが「悪くない…、キリーは悪くないんだよ」ってしみじみ言うから…うるっ!!


って、何かTYB未プレイだと何がなんだか…ですよねww
とにかく真相ルート的なものは、この恭平ルートがいままでで一番丁寧だったかなー!と思いました!!



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。