So-net無料ブログ作成
検索選択

バクダン☆ハンダン 総評 [その他オトメイト作品]





バクダン★ハンダン(限定版:ドラマCD、設定原画集同梱)

バクダン★ハンダン(限定版:ドラマCD、設定原画集同梱)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




ネタバレなしの総評です。



①シナリオ ☆☆☆


期待…してなかったんですけど…それでもちょっと酷かったかな?
ミステリというジャンルのものに結構触れている方からすれば、正直拍子抜けでしょうし、乙女ゲームというジャンルのゲームを結構遊んでいる方からすれば、正直萌える部分が全くないんじゃないでしょうか。全体的に展開がよく言えば、王道、悪く言えば、ベタ…すぎて、…脱出系では必須ファクターの、ドキドキ感、ハラハラ感が…なかったですね。
…予想通りすぎる展開、だいたい途中から想像がついてしまう真相。
なんていうんでしょう。
乙女ゲームとしてみても、ミステリ系ノベルゲームとしてみても。
ぬるすぎる…。
というのが正直なトコロ。

面白いとこももちろんあるんですけどね。
あるけど…、抱腹絶倒するほどいろいろぶっ飛んでるかといわれるとそうでもないし、ちょっと面白いとこが、いろいろと逆にそれが裏目にでて「苦笑」に繋がってしまいました、私の場合ですけど。



②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆


「逆転裁判」のキャラクターデザインで有名な岩元さん。絵柄はキレイだとは思うのですが…乙女ゲームのスチル…としては、ヒロインが絡むものがそうそうない&アングルとか構図がなんか…いまいちよくわかりませんでしたね…。アクション的なスチルは逆にすっごくかっこよかったものが多かったんですが…、もうそれこそ、あえてこっちの分量を多くしてほしかったような(笑)
絵柄や構図と、甘い雰囲気を要求されるスチル目的とのバランスがなんか、わかんないですけどミスマッチ…。うーん。キャラデザとかは結構面白いなー、乙女ゲームでは斬新なのになーと思うだけに、残念。


③キャラクター ☆☆

個性的な絵柄なのに、キャラ自体の中身がそんなにぶっとんだ個性がないため、非常に残念。声優さんはとっても豪華なのに。もっと従来の乙女ゲームキャラを突き壊すような勢いの設定でもよかったと思いました。
刑事は結構まとも、アイドルも「アイドル」っぽいし、ひきこもりゲーマーもひねりがない、占い師はどこまでいってもうさんくさい、ホスト…はシナリオすすめるイメージがちょっと変わって面白かったかな?…ライターも、子持ちでびっくりしたけどww隠しキャラは、もうやっぱりな、って感じでしたしね(笑)
正直な感想を申し上げますと、特になんの魅力も感じませんでした。


④システム ☆☆

結構、辛めにつけました。
というのも、推理パートに出てくる「ひらめき☆バクダン」システムが、このゲームのウリだと思うからですね。

…どうしても、解せない。
ヒロインが謎にぶちあたって、「何かひらめきそう!」って時。
4~5ページくらいの分量のヒロイン独白テキストの中から、選択可能なキーワードの中から3つを選んで、バクダンをしかけて、それが当たってたら、ひらめき成功!→シナリオが進む、ってやつなんですが。
これが、3つの組み合わせで謎が解けるのではなく、大事なキーワードが1つでも3つの中に入ってればいいんですよ。だから、ものすごく簡単。

こんなシステムにするなら、普通に答えを選ばれる方がよっぽどいいと思いました。
…たまに、自明の問いに対してもこのシステムが入ったりするので「えええ??何をひらめけってこと!?」ってなります(笑)
…もうちょっと、謎解き、というならこのシステムも頑張って欲しかったですね。


⑤作品としての完成度 ☆☆☆

期待はしてなかったのに、なんか悔しいですねww
あくまで期待してなかったのは、「恋愛面」に関してだけ、だったからでしょうね。
基本的にどのルートも、(多少の違いはありますが)参加ゲームの場所、形式が一緒、というのがまた、がっかりさせる要因のひとつですね。
あとせっかく恋愛×ミステリなんだから、もっと恋愛とミステリを絡ませて欲しかったですね。「こういう状況にあるから、芽生える恋愛」というスタンスばかりで、恋愛こそがミステリを起爆させる、ようなストーリーもあってもよかったんじゃないかなぁと思うんですよね。…特に隠しとかww
ちょっと望んでた方向性と違ったかなーというのが、主な感想ですね。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。