So-net無料ブログ作成
検索選択

断罪のマリア la Campanella 総評 [その他乙女ゲーム]



断罪のマリア la Campanella (通常版)

断罪のマリア la Campanella (通常版)

  • 出版社/メーカー: 花梨エンターテイメント
  • メディア: Video Game






ネタバレなしの感想です☆


①シナリオ ☆☆☆☆

(最初に断っておきますが、PC版は未プレイです)
非常にボリュームもあって、満足でした。エンドが多彩で、主要攻略キャラにはきちんと、「大切なもの」に何を選んだかによってエンドが2パターン用意されています。すべてが「恋愛」に結び付くものではありませんが、ヒロインと攻略キャラクターの関係性、ストーリーの雰囲気、テーマ、そういうものが一貫している作品だったと思います。
ただ、甘いだけの乙女ゲームに飽きた方にはおすすめできる作品です。…非常に救いようのない…一体どこに解決策…っていうか逃げ道を用意すればいいの(涙)というような運命を背負ったキャラクターしかでてきませんがww
ちょっとそれは無理があるんじゃないだろうか、というような部分もないわけじゃないんですが、ゴシックな雰囲気にざっと流されてしまえば、おおむね大丈夫だったような気がします!



②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆


個人的に嫌いじゃありませんので、満足です!あんまり「甘い!」ってスチルはありませんが、場面に合ったスチルが結構多めにあるので、楽しめました!お話のクライマックスに入るスチルはどれも、どこか厳かな雰囲気があって素敵でした!…PSPになったからなのか、若干荒くなってるような気もしないでもないんですが、そんなに気になりませんでした。立ち絵もいろいろ種類があったし(おまけも含めてww)丁寧なつくりにはなってるな、と感じました。


③キャラクター ☆☆☆☆

攻略出来るキャラクターが多いです…!!
全12名…ですか?そのうち半分はおまけ的なものですが、彼らも彼らでまだ、正規ルートキャラとはぜんぜん違った視点での恋愛になるので、面白かったです!
残酷な運命を背負わされたエクソシストメンバーたち、常にヒロインと生まれた時から共にあった悪魔、また、戦うべき敵なのにいつの間にか絆されてしまうヘルファイア組。それぞれに良さがありました。
キャスト買いされる方にもお勧めですかね。乙女ゲームではあんまり聴けないような演技をされていらっしゃいますので、みなさん。甘い台詞がききたい!って方にはお勧めできませんが、キャラクターたちの必死さがすごく伝わってきます。
…でも、ひとついいたいのは。
あのナリとあのボイスで15歳というのは…無理がないかい…宗像さんと水鏡さんwwww
かなり大人びた中学三年生でしたww

④システム ☆☆☆


選択肢をチョイスするときの、タイマーは無駄に焦りますwwでも、1つ前ならいくらでも巻き戻せるので、そこはありがたかったですね!次の選択肢への一発ジャンプも小分けされた章またぎで出来ますし、ラクチンです。
しかし、…たまに、なんですが「こんなイベントみてないよ!」ってイベントが回想されたり、○○キャラのルートを走ってるはずだったのに、ラストにエンドを迎えたのが別のキャラということがあり…、いまいちフラグの判定がよくわからないところがありました。


⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆

面白かったです!
PCから追加されたエンド、いろいろと修正されているようですが、これだけのボリュームで、一貫した内容、しっかり作りこんであるゲームというのはひさしぶりでした。…一貫して救われないエンドばかりなんですが(笑)まあ、そこは「神に愛を捧げてる」キャラクターたちなので、当然っちゃあ当然かなぁとは思います。それ故の切なさとか、残酷さとか、そういうものがあって、個人的にはものすごく楽しめた一本でした。
追加されたエンドでは、多少救われたので、いろんな余韻を楽しめましたし!!

ただ…乙女ゲームとして、萌えたか?と聞かれると…うーん、って感じなんですけどww
あかりは、あまり乙女ゲームにそこまでの「萌え」を求めないタイプですが、これをお読みのゲスト様はどうでしょうか…??



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。