So-net無料ブログ作成
検索選択

死神と少女 総評 [死神と少女]





死神と少女 応援中!



死神と少女、ネタバレなしの感想です☆




①シナリオ ☆☆☆☆☆

ほとんどの乙女ゲームが、様々な「結末」を用意してくれているのに対して、このゲームは「解釈」を用意してくれています。「死神と少女」というゲームに隠された、様々な解釈を考察していくのがとても楽しいゲームでした。公式にあるように、日生→桐島→十夜→蒼、という順番で攻略することによって味わえる、ひとつひとつ、登場人物の物語が「終わっていく」様、また、物語を見る「視点」が増えていく様は、本当に美しかったです。ですので、個人的にはものすごく面白かったです!

しかし、これを「乙女ゲーム」として考えた場合には、星が2つくらいになるかもしれませんね。まず、「真の王子様」が(様々な解釈はあれど)ちゃんと設定されていること、あと恋愛っぽいシーンがあっても、どちらかといえば「恋」によるものではなく、「依存」ではないのだろうか、と疑ってしまうようなものばかりです。
そして「乙女ゲーム」らしくない最大の理由は主人公にあると思います。
「遠野紗夜」は、ヒロインではありません。この物語の登場人物の一人です。遠野紗夜という「お姫様」と、「王子様」の誰か、の物語であって、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。

ですので、ノベルゲームとして楽しむのをお勧めします!


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆

スチルに関しては少ないかなー、という印象。
あと、いまいち、ここにあって、ここにないのか…(笑)みたいなところもありましたね。
かゆいところに手が届かない感じ。
でも、キャラクターデザインともに、個人的に雰囲気があり好きです。
絵本の挿絵などもすごく綺麗で、しっかりした印象を受けました。このゲームを構成する大事な要素ですしね……!!

③キャラクター ☆☆☆☆

たった4人しか攻略対象(といっていいのかすら疑問)がいませんけど、どの物語も、恋愛抜きにして面白かったです。というか、このメンバーじゃないと、成り立たないお話ですね(笑)この作品に関しては、どんなキャラが攻略できるか、は…あんまり関係ないかもしれませんね。全員攻略しないと、話の本筋が全くわからない。
好き嫌い言わずちゃんと残さず食べなさい!!って言われてる感じがします。
その点で乙女ゲームとしてどうかという部分はありますけど、非常に記憶に残るキャラクターたちでした。

④システム ☆☆☆☆

TAKUYOさんのいつものさくさく快適システムは素敵でした!!でも、今回は、選択肢ごとにされるこのオートセーブ(OFFにすることも可能)で、すんごくいいところで、音声やBGMがぶつってきれたりするのが残念でした……!!でもその分選択肢間違えた時にさくさくもどれるんだけどね!!
一長一短。



⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆☆


完成度はとても高い。
たぶん…結局は蓋を開けてみれば、なんのことはないお話だと思います。
それこそ、400字ほどで書けそうな。

でも、それをうまく、丁寧にひとつの作品として、BGMや絵本をなぞらえるように進むシナリオ構成、言の葉を集めるシステム、などで幻想的に、美しく彩ったからこその、面白さであるような気がしました。
「真実」を一気に突き詰めては、この美しさはなかったと思うんですよね。

ある程度周回すると、プレイヤーとしてはだいたい予想はつくのですが、プレイヤー自身ではなく、その「真実」に直面する時、登場人物がどういう行動に出るのか、どのような「物語の終わり」を臨むのか、そういうところを考察しながら、彼らを見守ることに、なんとも甘美な味わいがあったような気がしましたね!

そういう楽しみ方が出来る方はお勧めします☆
きっと面白がってくださるでしょうから。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。