So-net無料ブログ作成
検索選択

お菓子な島のピーターパン 総評 [その他乙女ゲーム]









①シナリオ ☆☆☆☆

ロゼさんの作品が、お好きな方は問題なくお好きだと思います。華やかで可愛らしく思える世界観なのに、蓋を開けてみるとちょっとシニカルで、ブラックです。一人一人のキャラクターテーマもロゼさんらしく、ある意味ではとても儚く、残酷といいますか。うーん、とにかくきっと楽しいと思います!アリスシリーズなどがお好きな方はぜひ。
ボリュームも適度で、軽すぎず、重すぎず。
しかし、デッドエンドなどもあるので、その変は好みがあるかもしれません。
また、今作品もロゼ作品らしく色気があって、素敵でした…!五月さんのテキストは、本当に艶っぽくて好きです…!(くどいけどww)
お菓子コンテストの審査員になり、勝者(いわゆる恋人)を決める軸は、どのルートも変わりませんが、キャラクター毎に、バリエーションや展開が違うので、飽きずに楽しめる内容になっておりました。



②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

藤丸さんのスチルは、最高に甘いです!!!
そして、やはりロゼクオリティ!!枚数がハンパないです!!
正解の答えではない部分にも丁寧に、スチルが何枚もあって、いろんな選択肢を選んでスチルを楽しめます!
また、ヴィジュアル効果もすばらしく、妖精の粉がきらきらしてる感じとか、甘い匂いの感じとか、そういうものも表現されていてよかったです☆


③キャラクター ☆☆☆☆

全部で6名。+真相です。
異母兄弟やら、モラル無視の妖精やら、子供か大人かわかんないピーターパンやら、恐怖の象徴である(?)海賊船長やら、破壊主義者の海軍艦長やらw
プレイ順番とかは特にはありませんが、出来ればピーターやティンクは後のあとの方が、真相が想像できなくていいかもしれません。なんとなく断片がちらつくルートなので。

またヒロインについてですが、結構好き嫌いが分かれそうなヒロインです。
自称完璧主義者なので、妥協は許されず、それを他キャラクターにも強要するようなところがあります。かなり上から目線な姉属性なヒロインです。
しかし、真相ルートまでいくと、何故彼女がここまで、ある意味「歪んだ」性格をしているのかが、わかって面白いです。
個人的にプレイ前後で一番大きく印象が変わったのは、ヒロインでした。
序盤何周かは大目にみてあげてほしいな、と思いますww


④システム ☆☆

お願いだから「輪ゴム必須システム」を変えて欲しい…ww
R1長押しじゃないと、スキップできないのは辛いよ!!
もうそこが…ね。そこを…お願い…だからww
今回は、ロゼさんの代表作アリスシリーズみたいに、キャラクターのもとに通い詰めるのではなく、2~3回キャラクターゆかりの地に通うと、そこからはそのキャラのルートに入れます。あとは質問分岐です!

⑤作品としての完成度  ☆☆☆☆

期待通り、でした。
ピーターパンという原作があるものですから、飛びぬけて「そうだったのか!!」とか感動を覚えることはありませんが、とても巧く題材を生かして甘めなゲームにされてると思います。
相変わらず、「表」と「裏」をつくるのが上手だなぁと思いました。


⑥この作品の長所

やっぱりなんだかんだいっても、甘い…!!
乙女ゲームとしての需要をちゃんと満たしてるとこが素晴らしい!!


⑦この作品の短所

どうかんがえても、システム…。
この扱いにくいシステムをどうにか変えてくれないか…本当に切実です…!!



お気に入りキャラ・ポイント

ティンクとフックですw
ティンクはデレてからのギャップがすごくよかった…!
フックは、印象とは違い、とっても大人だったので☆

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。