So-net無料ブログ作成

CLOCK ZERO portable フルコンプ追加要素感想(無駄に長いですw) [CLOCK ZERO]

CZportableは、本当にいろんな疑問にちゃんと答えてくれていましたね。

いやあ、素晴らしかったです。
買い直して損はなかった。本当に。


各個別キャラ追加シナリオはさることながら、CZのストーリー、またこの作品が持つメッセージ性を、より深く、強く感じた追加要素は本当に素敵でした。

以下 、なんがーーーい作品自体のネタバレ満載な感想が続きます!
しかも途中意味わかんなくなってきましたw

かなり自己満足ですww
すみません。


それでもよろしければどうぞ☆

☆システムボイス大量追加


あれ…フルコンプしてもまだ聞いてないやつがありそうなん…ですが(笑)

これデータ化してくれてないのは残念…!←てかワガママすぎる私w


反逆者の「俺そろそろ休むわ。お前も(お嬢?)こっちこいよ」が今まで一回しか聞けてない(笑)

円率がめさめさ高い私のPSP!!(涙)

長や楓まであって…これはぜひ全部データで再生して堪能したいよ!!!


☆ショートノベル追加


はじまりの物語が、こちらにも入りました←大満足☆

あと央サイドのノベル(円残留エンド後設定)追加です。

詳しくはもう書きませんが。(長いからw)


ああ、央はやっぱり央で、いろんなことを抱えて生きてきたんだな、ってことがよく分かるノベルでした。


円ばかりが、兄弟の関係性にやっぱり悩んでたわけじゃなかったんですね。

自分をいつでも立てる円に「ありがとう」って言うことを愛情だと思ったことは本当は、なかった。

それは自分が円を追い込んだ。
小さいけど紛れもない罪だと語る央は、本当にいいお兄ちゃんだなあと感じましたね。

うん、でも円にとって央だけが拠り所だったから。
円からそれを奪わないように振る舞うというのは、小学生の央にとっては結構、しんどいことだったんだろうなと。

円にとってのヒーロー、つまり「理想のお兄ちゃん」で居続ける。

私は、それを罪だというより…その時にできる精いっぱいの央の愛情だったんじゃないかな、と感じました。


壊れた世界で新しくできた妹分撫子と、弟の円への深い愛情。
そして二人に対して、また中立団体リーダーとしての責任感。

そんなものを抱えながら、ふと考えるのは、撫子の話で別世界では「仲間」だったというキングのこと。

彼もそんな、なんでもない守りたいものの幸せのために、政府を作ったんじゃないだろうか。

なんか泣きそうになりました…!

論文のtwilight≧duskというのも、素敵だなあと。

それでも自分はこの世界で、薄明かりのような幸せを守るために、明日も精いっぱい生きていこう。
その薄明かりは、twilightの言葉が示すとおり、日が昇る前の薄明かりなんだという、締めくくり方が、なんとも央らしいなあと思いました。

あと最後に、FDにつながるように?なのか(笑)

撫子に絆されちゃったらどうしようwな央も…なんか萌えましたねぇ…!
それでも、きっと央は…円に惜しみない愛情を注ぐ撫子ちゃんが好きなんだろうなぁ、と思いますけどね。


☆鷹斗エンド分岐のレインエンド追加



あのシーン。
燃え盛るCZで「あなたはボクの妹に似ていたんですよ」とぽつりと呟くレインを追いかける、という選択肢が追加なんですが。

基本的には鷹斗ルートをレイン目線で追いかける、というお話です。
あの時、現代と壊れた世界でレインのとった行動にどんな心理が働いていたか、という内容のお話ですが。

ちょっと決着のつけ方については…蛇足かなあ…と思った部分はありました。
個人的な観点から言わせてもらうと(レインさんファンの方には大変申し訳ないのですが)…いらない、かな。というのは正直な感想。

レインは、あの時、あのままどうなったんだろう、ということに対する答えなんですがね。それはすごく、わかります。

CZ本部と心中遂げようとするレインを、撫子と鷹斗が一緒に生きようと、連れて行こうとする部分は、なんだかなあ…と正直思いました。

レインが、もう生きていくことに執着しない理由はわかるんです。
レインにとっては、途中までは最高のシナリオだったのに、最悪のシナリオになってしまったわけですもんね。

絶望の中に見出した、自分にとっての希望、海棠鷹斗も、所詮は人間だった。
恋をした少女の言葉によって、ころりと態度を軟化させてしまうほど、意志が弱くて、しょうもない人間だった。また少女も、あんなに酷いことをされておきながら、やっぱり「信じたい」なんて、調子がいいにもほどがあるわけですよ。レインにしたら。

もうどうでもいいや、って思うのは…なんかわかる気がするもんね。
それでも、生きていくことの必要性を感じない。

レインは二度、「信じていたもの」を失うわけですから。
さすがに立ち直れないかな、ってね。

いや、その「信じるもの」を裏切ったのも、本当は自分なんです。
自分がやってきたことに対する、当然の報いなんです。
それをすべて甘受しているような口ぶりのレイン。


でも。
すべては確率の産物にすぎない。
そういいながら。
神様なんてといいながら。
いたずらな神様のせいにしようとしているんですよね。
自分のように罪深いものには罰を与えない神様。理不尽な死こそを望む神様。
ビー玉のように弾き飛ばして、人の命を弄ぶ神様。

どこかでまだ、ふてくされているわけです。
レインはそこが間違ってる。
というか、どこかのボタンが、かけ違えてる。
でもそこが愛おしいんですよね。


そこにね。
世界を壊すほどのことを犯した張本人に対して、このレインを助けたい、っていうシーンは、レインでなくても「バカでしょ」って思った(笑)


円がまともだと思うんです。
「あなたを尊敬して憧れるのは、これが最後です」
そういって、直接手を下さずに、炎の中にレインを置き去りにする。
まあでも彼の場合は、読めたんでしょう。

キングと撫子のバカップルは、レインを見捨てないほどのバカだということをね(笑)


うん。
蛇足ではあるけど、撫子と鷹斗がいってた、「裏切られても、騙されていたと知っていても、やっぱりレインに助けてもらったり、かけてもらった優しい言葉は消えないから」というような台詞はこの作品のテーマでもあるようなものだから、こういう結末もね。

まあしょうがないかなあ…。
罪は死んで償うものでもないしね。

というかFDでレイン出すにはこうして助けるしかないもんね(爆笑)
ほんとは消息不明な方が綺麗なような気はしないでもないけどw

この後の鷹斗と撫子とレインの微妙な三角関係(笑)に笑いましたww
レインは、やっと過去を振り切って、前を向き始めるんですが…(笑)

「ボクも立候補、しちゃおうかなあー?」

には参った(笑)

もう絶対FD(あるなら)で攻略できるようになるよ、彼w



私が個人的にレインで気になってたこと。

「カエルくんを作ったなら、なんでレイチェルを模して作らなかったのかな?そんなに愛してた妹なら」

と思ってたんですが。
カエルくんがちゃんと答えをくれました。

人工知能のくせにレインに問うんですよね。

なぜ「オレ」だった。
なぜ「レイチェル」じゃなかった。

それはお前がわかってるからだ。
人工的に生き返らせたものは「ニセモノ」でしかないことに。

それを言われたレインが、カエルのシステムをぶちっとダウンさせるシーン。

私はあそこが大好きですね。
レインの素が全面に出てますよね。

神の領域に手を伸ばすことの不毛さ。

実はそれを一番、切望しながら、絶望しているのは鷹斗ではなく、彼なんだなあと。


レイチェルとの回想。
「私にとってのかみさまは、レイン、あなただわ」
というレイチェルのひとこと。

レインがレイチェルに優しく諭すように告げる、神様は願いを叶えるんじゃなく、人の、その努力を優しく見守っていてくれるんだよ、というシーン。

これを読んで、レインにとってもレイチェルは「かみさま」だったんだなあ、と。
そしてかみさまを失ったレインは、その愛を失い、努力を放棄し、腐ったんですよね。

これは攻略対象のみんなに言えることなんだろうな。
絶対的に信じられるもの、という「神様」的拠り所を失う(ない)ということ。


鷹斗は、人間的感情を与えてくれる撫子そのもの。

理一郎も、当たり前だけど何気ない幸せの中心そのものにあった撫子。

円は、自分という存在と世会との唯一の繋がりである家族。

トラは、家族、世間、自分。全てが信じられない。

終夜は、愛する者たちを犠牲にしたというのに、14年間掴み取れない自分の過去と責務。


信じられるものを失った(いや1名は最初からないけど)そんな彼らが、恋愛を通して、掴み取る新たな「かみさま」。

世界に、世界を。
絶望し、悲観し、壊し。壊され。

神様なんていない。
信じない。
いや、何にも信じない。
誰も信じない。

そんな彼らが撫子に「かみさま」を見いだして、君のいない世界なんていらないのだ、という部分に集約されるストーリー。

帰還も、残留も。

形は違うけれども、結局は信じた君こそが俺(僕)の世界で。
それを愛したい、守りたいだけなんだという、お話なんだなあと。
うーん、だからこそ、だからこそあんなに全力で愛してくれるんでしょうねぇ、みんな。

それは信仰心とかそういう大層なものではなくて。
きっと誰もが持つ、単純な、というかごくごく、些細な。
誰かを、何かを「信じたい」というだけの心理。

信じるものがないと人は生きていけない。
それをひしひしと感じますよね。
昨今のニュースを見ても。

どこかに心のよりどころを求める生き物なんだなぁと。

うーん、楽しいなぁ。
考えれば考えるほど、CZは面白い。

おぉうw
語りすぎた(笑)


☆タイムカプセルエンド


泣かせる…!!!!
そして笑えた笑えた!

いまだにりったん呼びww

「可愛いからいいじゃん」と英兄弟に言われてるりったん、可愛すぎた(笑)

あとトラが終夜、バイクで迎えにいってたとか(笑)

和むわ…!!!!
しかもバイクがゴツすぎて「暴走族?」とか言われてるし(笑)
バイクで逆立ち、ってどうやってしたんだよ、終夜w
免許がいまだ綺麗なまま!というトラちゃんの発言は、笑ったw
絶対スピード違反とかしてそうやのに。

モデル終夜に対して、りったんの「お前ランウェイ真っ直ぐ歩けなさそう」というご指摘はごもっともだと思う!!殿は決められた道を歩くだけなどつまらぬ、とか言ってるけど…wwそういう問題じゃないだろうよwあんたの場合さ☆

あと10年後の英央へ、を円に朗読されるシーンは爆笑でしたw
ほんと、円って良いキャラに育つよねww

みんなのその後も覗けてよかった。

「トラくんはニートなの?」
に大爆笑w
「ちゃんと働いてるっつーの」に、全員が「え!?」っていうのに、また爆笑w

確かにww
いっちばん何やってるか謎なのはトラだよねww
あとはみんな出てくるもんね。
どうやら2020年の彼は、機械系の技術職についているようです。
おおびっくりww
マトモだww
そういやPC組みたてるとか、小学生ン時いってたな、彼w

このタイムカプセルエンドは…どういう位置づけにあるのかはわかりません。

壊れた世界でも、現代でも。
誰とも恋に落ちずに、迎えた10年後。

これは完全に壊れた世界なんて夢だったわ、的な話で終わりのエンドなのか。
そう思ってたら。

10年後の九楼撫子へ。

では…ほろっときました。

まさか。
まさか壊れた世界から帰還した後、1人で掘り起こして書き足すとか…!!


あの世界のことを忘れないで。
どうか、思い出して。


そりゃ泣くわ(笑)

そうなんですよね。
撫子ちゃんは、帰還してるわけです。
…ということはどういうことなんだろうね??(笑)

どうして、あの世界から帰還できたのかとか。
鷹斗が海棠グループを継ぐことになっていることなどから推測すると。

…わからないw

でも希望的観測でものをいうと。
このエンドは、レインこそが撫子のことを返した場合、ならいけるような気がしますよね。

鷹斗の人生を狂わせることもない。
撫子の未来を守ることも出来る。

それを満たすのは、やはり、キーパーソンの彼ならではだと思うんですよね。

まあそんな考えなくてもいいのかもしれないけれどww

そしてまた32歳になったら、この場所にみんなで集まるために。
新しいカプセルを埋めようと提案する撫子。

ああ、CZメンバーはこれからも、こうやって。
このかけがえのない青春時代を振り返るんだなぁと思うと、じわりじわりと涙があふれますね。

大人のみんなでカプセルを埋める、あのスチル。
本当に楽しそうで…素敵でした…!!!

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

なつめ

あかりさんの考察すごく興味深かったです。私は、救いようがないレイン厨なので(笑)あの火事で、彼を失うわけにはいかなかったわけで。いろいろ考えさせられて楽しかったです。ありがとうございます。
わたしは、あって嬉しかったのですがあそこの分岐はちょっと遅いかな、と思ってましたw
by なつめ (2011-12-01 15:54) 

あかり

>なつめさん

いつもコメントありがとうございます!!私もそう思いますね、あそこでの分岐がちょっと遅いなぁと…。だからああいう展開になっちゃって、私的に…??な気持ちになってしまいました…。私もレインを失いたくはないんですよ…!(涙)でも…なんか他にないのかいwwとは思いました…!

というかレインルート、という風には、したくなかったんでしょうね?!
そういう考え方ができると思います♪
FDが発売されて、そこで彼が攻略できることを、願いましょう☆

by あかり (2011-12-03 21:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。