So-net無料ブログ作成
検索選択

CLOCK ZERO~終焉の一秒~ 時田終夜感想(portable改訂版) [CLOCK ZERO]




portableで再プレイして思いました。

うん、全部話知ってると、ものすごく終夜ルートって深い!!

あとあの後日シナリオ…なんですか!?
…アレ、あれどうなるんですかww
……FDですか!?FDまで待てっていうんですか!!(笑)
ああいう、なんともいえない感じで終わるのも、すごく好き…ですけどね。
撫子が雪を舞う中で…微笑んで。という…!

ああ、ネタバレになるww
それでは、portableで再プレイしてのネタバレ感想!いきますよう☆




さて終夜くん。
一番まともじゃなさそうなのに、実は人として一番まとも…あ、でもポジション的にはかなり異色なような…まあ鷹斗ほどじゃあなさそうですが。

となかなか説明しにくいキャラクターです。



終夜は、理一郎、寅、円と違い、2010年で交流を交わした終夜自身との恋愛。夢でみる2020年の世界からきた終夜の意識が、2010年の体に入っていた、という逆パターンです。
なので、小学生でもちょっと終夜は、撫子に対して大人っぽい触れ方をするんです。
…撫子じゃないけど,不思議ちゃんとそうでない時のギャップが(笑)
モデル終夜がめっちゃ可愛かった!!!!
でも、モデルをやっていることも罪滅ぼしだなんて…。

そして精神を病むお母さんの病院へ見舞いにいくシーン。
自分が狂わせてしまった、母。

あの「怖いのだ」から始まり……最後の白いコスモスには思わず涙がこぼれました。

子供時代、ラスト。
あの最後の辺りの、今から撫子に行うことに、許しを乞うところは、ものすごく…再プレイすると、ぐっときますね…!!


再プレイだから思うのですが。
どう考えても、この「撫子」が大人になるまでの10年間を、有心会にしろ、政府にしろ、奪うじゃないですか。
キングの言い分としては、「君を助けるためには他に方法がない」と言うんでしょうけど。
…でも、その10年間ってとっても貴重で。
一番多感な10年じゃないですか。夢に希望を持ったり、恋を知ったり、嫌な想い出でも、良い想い出でも、忘れられないことが、いっぱい、いっぱい詰め込まれてる10年。
むしろその10年が、10年後の「今」の自分を形成するといっても過言ではない。

その10年を犠牲にする、というのはすごく重たいですよねぇ。そういう観点から考えると、残留エンドってものすごく撫子ちゃん…ううっ…!

って思ってたんですけど…。
あのまま過ごしていると、事故にあってしまって「未来」すらないんだから、そう考えると…その10年。やはり、撫子ちゃんは「帰還」しないことには、過ごせないわけなんですよねぇ…。だからこそ、帰還エンドは…。

ああ、悶々としてしまいましたww
しかも、ルートで終夜が言ってますが、自分と記憶を共有してきた仲間が、全員違う過去を持っている、しかもそれが大人になった姿、って…正直、想像を絶する孤独感でしょうね。

よくよく考えてみると…撫子にとってどうすることが最善か、本当に決められない世界ですよね。
だから、帰還したって、残留したって、それは…本当に彼女がどちらの「彼」をとるか、の話なんですよね、突き詰めると。
そしてどちらかの彼を不幸にしたとしても。せめて、手をとった「彼」こそを幸せに。

それを彼女の強さというのか、否、薄情なのか。

なんてねぇ…。
このゲームやってると、いらんこと考えて胸が痛むわ…ほんと。

テーマは贖罪ですかね。自分の任務のために、いろんなものを2020年に残し、2010年の母を犠牲にし、そして2010年の撫子を不幸にする。
その罪の意識からの優しさが、やがて恋愛へと変わっていく、そんな話になってました。

2010年から交流を持っているので、終夜が撫子に惹かれていること、そのために有心会を裏切ろうとすることがすごく自然でしたね。

やはりこのルートも、人質を傷つけ政府と交渉することも辞さないという、有心会の残忍さは健在。
しかし合間合間に、寅と終夜の漫才が入るので(笑)
あの「遺言を聞いといてやる」は…wwまさか、トラに本気で鬼ごっこさせるために、逃げ出すとかw

あと撫子のためにおかゆ作らされるトラとか…w
ほんと、終夜には、弱いな!トラ!あと楓も。
それにしてもこのルート、理一郎全くでてこないww

まあ、有心会の日常、なかなかほのぼのと楽しめます。だからこそシリアスなシーンの落差が終夜ルートは激しいですよね(笑)

撫子を傷つけるのなら、自分は政府にすべて掌握している情報を売る、とまで言い終夜は、有心会に楯突きます。そして安心しろと言わんばかりに、撫子のおでこにあの2010年でしたように口づけをします。(CGコメント、ずっと昔から、子供扱いしているわけではなかった、というコメントを聞けて、なんだか嬉しかったですw…そうか、終夜はどこから、撫子のことを好きだったんだろうって思ってたからなあ)

うーん、穏やか終夜ルートは、本当に優しい感じです。
正直他ルートやってる時には全然わかんない。こんなにふんわりとした青年だとは…(笑)
しかもあの妙な口調が石田さんの声にぴったりなんですよね…。
そなた、って言い方がとても優しい!!!

しかし終夜は、そんな自分の行動の矛盾に自嘲します。
撫子をこちらに連れてくる計画を組み立てたのは自分なのに、自分のせいで撫子は辛いのに、こんな風に助けようとしてしまう。優しくしてしまう。

それは罪の意識からだ、という終夜に、撫子は少し哀しくなります。

しかし次第に撫子は終夜に救われてる人がたくさんいることに気づきます。
思い出したのは、小学生の時の終夜が、孵らせたひよこ。病弱ですぐ死んでしまったひよこのこと。
「生を与えたことで逆に苦しませた」
そんな風に悲しんだ終夜と、今目の前にいる終夜を重ねて撫子は思います。

どんなに残酷な未来をあなたに与えられたとしても、あなたに優しくされた記憶は消えない。

それを撫子が終夜に告げた時の、あの終夜の一言。
「そなたは残酷なまでに優しいな」

もー(涙) 
もーもーこの二人いったい何(涙)
終夜は甘いより、こういう切ない会話がすごく多いです。
残酷なまでに優しい。
いっそ嫌えたら楽なのに。
いっそこのヒトが私に優しくするのは、罪悪感だと割り切ってしまえば楽なのに…
非常に穏やかなシーンですが、なかなかに痛切です。

再プレイで、さらに思うのは…。
やっぱり人間って、そこまでこう、自分をだませないのかなぁと。
終夜は、本当はきっと、撫子をこんなことに巻きこみたくはなかったんだと思うんですよね。
でも、自分と共に戦っている仲間のために、そうせざるを得なかった。
それは単に言い訳にすぎないけれど…。
それでも、彼女を幸せにしたいという気持ちも本物で。
どちらも、捨てられず。
どちらも、選べず。

終夜は、この状態を「わがまま」だと称するんですね。
そこに、この人の本質が、ぎゅっと詰まっているような気がしました。

そして追い討ちをかけるように、終夜の記憶が、転送の影響で、だんだんと失われていることが発覚します。

この、撫子が思い出話をした時に、終夜が「?」という反応をするシーン。

ま、ままままさか…という思いと、二人の行く末を想像して、真っ先に泣けてきました、私。

二人の大切な思い出が、ひとつひとつ終夜の中から消えていく(涙)
記憶があるからこそ、人ってお互いの関係を深めていけるのに…うわあああ(涙)

しかも終夜が、撫子が顔色を変える度。
大丈夫だ、覚えておる、と…その声色がすごく優しくて。
さらにうわああああ(涙)となりました。
「あなたが忘れても私が覚えてるわ」というセリフも良かったなあ…(涙)

そして、いよいよ撫子が人質として傷つられる段階まできてしまい、体まで蝕まれ始めた終夜は限界を悟り、やはり自分が撫子のことを覚えているうちに元の世界に帰すことにします。

あ、まあ何にもね、解決してないんだけどね(笑)←そうそう、初回プレイは、何も解決してない、って思ってたんだけど、そうでもないんだよね…。というか、すべてを知っているから、そう思えるのかなぁ。特に帰還は、終夜がたぶん5人の中では、一番最良の方法で解決したんだよなぁ…あの時空の撫子にとっては。

終夜ルートはその辺の突っ込みは満載な気がしますが、たぶん二人がお互い心を惹かれてしまった時点で、もう本来の立場を見失ってる感がありますよね(笑)
まあでも、みんなか、それはw←…本来の立場を見失うのは、やっぱり…みんなだよね…!その感想は回数プレイやってもかわんないですw

その時政府が有心会に乗り込んできます。当然、トラは撫子を交渉材料として連れて行こうとします。身も心もぼろぼろの状態になっても終夜は、トラに連れて行くなと懇願します。(回想CGコメント、…撫子に、というより、トラや楓…仲間に対するコメントに泣きそうになるよ…!!)
最後にはトラも折れて、撫子の髪だけを切り、どこでもいってしまえと許してくれます。

二人はこの世界の終夜の実家に逃げます。
そこには元気な終夜のお母さんがいますが…彼女は終夜の酷い状態に驚きます。(PSP版は零さんの立ち絵あり!…綺麗な人だ…!!)
そして体制を立て直してから、もう一度有心会から撫子を元の世界に戻す計画を立てます。

…で、水が飲みたいですよ。
体を立てることすら出来ない終夜に、口移しで水(笑)

いやベタなんですが、ちょっと良かったなあ。たぶん、なんかこういう衰弱していくルートで、直球ベタなキスシーンをされると、なんだか「口移しでは飲ませてくれぬのか?」といういたずらっぽいセリフがすごく物悲しくて、切ないんですよ(涙)
案の定、キスした後昏睡状態だし…!!

医者の診断で、終夜は心を深く閉ざしていることが分かります。再プレイすると、すごくわかったんですけど、記憶の混濁によって、心理状態に影響を与えているってことなんですね!確かに、…愛している撫子や、守るべき仲間、母親。
そんな存在の記憶のかけらすら、集められなくなったら。
…生きようとする気持ちは、湧きおこってこないでしょうね。

そして(この辺がさらにSFですね)終夜の見ている夢に同調して、撫子が呼び起こすという、ある催眠療法が施されることになります。

夢の中で、終夜を探します。
夢の舞台は学校。そして談話室で、終夜は一人、CZメンバーを待っているんです。

一緒にかえろう。

しかし終夜は頑なに拒みます

このまま待ち続けたい。
いつまででも、みんながくるまで。

終夜の手をとって、撫子がもう一度、言います。

みんなにもう一度、会うためには、帰らなくちゃ。

そう撫子は終夜にそう言って、二人の意識は浮上します。


帰還ルート。
終夜は、撫子と一緒に2010年に戻ることを決意します。死ぬ可能性もある、しかし衰弱していく自分の肉体を捨て、向こうの自分に正常に戻れる可能性もある。 二人はその可能性にかけます。

時の停滞解除とか事故回避についてはこのルートも片鱗を覗かせつつも、うやむやなままです。(うやむやなんだけど、すべてを知っていると、ものすっごくここの鷹斗は切なくて、切なくて仕方ない…!)

しかしこっからが良かった…動き出した世界で、撫子はCZメンバーを探し、終夜を探してくれるよう頼みます。

そしてやはり終夜は、みんなをあの談話室で待っているんですよ(涙)

いつものCZメンバーとの会話。そしてそっと終夜に聞きます。大丈夫?と。大丈夫、すべて覚えておると笑顔で答える終夜。

そして、神賀先生とCZメンバーの前面対決。
…うーん、すごく、すごく複雑。
神賀先生のことを思っても、胸を痛むし…鷹斗のことも。そして…。

神賀先生は、この「時空」での、撫子の意識転送を諦めます。

そしてそのあとでの図書室での、あの誓い…(涙)
健やかなる時も病める時も…っていう!!
しかも実はみんな外から覗いてるんですよね(笑)
撫子ちゃんと殿、いつからそんな関係にー!?っていう(笑)
もう微笑ましくて、とっても優しい気持ちに…!

そして2020年。トップモデルになった終夜くん。
まあこの辺は想像つきますよね終夜らしい、プロポーズでしたね…(笑)婚姻届っていうw(ここのCGコメントw断られたら、樹海入ろうと思っておった、…ってww終夜は、ほんとそういうトコが面白いw)
でも、最後はちょっと終夜も積極的で甘くって…!!

未来エンドは切なすぎます…
終夜が死ぬ可能性があるなら私は帰らないという選択をする撫子。
最先端医療で生かされながらもいつ目覚めるかわからない終夜。
しかしある夜奇跡的に目覚めます。
二人はまたいつこんなことがあるかわからないので、惜しむように甘い時間を過ごします…(涙)
まるで、織姫と彦星のように。

いや、甘いけど(涙)
両方ともがなんじゃこりゃあああなエンドです。

帰還は帰還で、二人は救われたと思える部分もあるけど、結構色々と捨ててきたものが多いような…。←まあ、終夜だけは、別人格の「終夜」が出てこないんですからねぇ…!ああでも、帰還が終夜の体が犠牲になってるか。…その体に入った彼しか知らない、母や向こうのトラや楓は…。思うだけでね…!でもね、後日シナリオでちょっと、ちょっと救われるところがあって…やっぱりCZはいいなと思いました。

未来残留は未来残留で、本当にこれで良かったのだろうか、という疑問すら残ります。
←こちらは大いに疑問でしたが…!ちゃんと後日…後日!!!!

そして結構丸投げな感じが否めない…(笑)←いや…再プレイするとわかる。丸投げでは、ない!分かりにくいだけなような気がする。でも最初になんの情報もなく、このルートをやると、やっぱりぽかんとする部分もあるのは、わかるような気もする。

理一郎も、寅之助も、円も、それなりにまあ、問題がありますが、決着がついてるような。
何を捨て、何を手に入れたか。みたいなものが。

しかし、終夜は…。
まあでも、終夜はどう考えても救いようのないポジションなので(笑)
まあ仕方ないかな…。なんか急に奇跡的に元気になったとか言われても醒めるし。
急に終夜が強くなったり、政府に向かってくってのも、変だしなあ(笑)

しかし好きですよ☆
なんにも考えなければ終夜が一番幸せだし、恋としては報われたことにはなりそうかな~…。なんてったって、時空を移動してまで、ずっと一緒にいた存在、なんですからね!!



☆帰還end後シナリオ

トップモデルとして名を馳せていた終夜、終夜のドキュメンタリー特別番組が放送されるほどの人気ぶりでした。

終夜の家で、ドキドキしながら放送を待つ撫子。
すると終夜からメールが。

誤解することのなきように。

…なんだろう?と思いつつも番組を見ていると、番組内で終夜と有名女優が結婚間近、という話が出てきます。

ぽかんとする撫子ですが、全く終夜を疑うような気持ちはありませんでした。

生放送中である、この番組。
終夜はロケ地であるあの思い出の学園で、その噂を否定します。

否定はするのですが、結婚間近ということは事実。

事務所との関係もあり全てを話せない終夜は、それでも画面の向こうできっと自分をハラハラ見守っているであろう撫子をはじめとした、CZメンバーに向けて言葉を紡ぎます。

昔この学園で、迷惑ばかりかけている私を救ってくれた友達がいたこと。

彼らをはじめ、今の自分は周りに支えられて生きていること。

だから自分は支えてくれる皆に対して。
彼らに対して誠実でいたい。

その言葉を聞いたレポーターは、質問の矛先を収めるのでした。

終夜が帰ってきて…。あの番組が明かせていない2人だけの「思い出話」をします。

あの、壊れた世界での物語。

そして、あの世界で助けてもらったたくさんの仲間に想いを馳せます。

こちらの世界では、時空跳躍の装置が発明されてない(鷹斗がね、だってね、そうだよねぇ…!!)ので、こちらからは向こうを訪ねることはできないけれど。
きっと、きっと。
私達のことを、みんな見守ってくれてると撫子は思います。

犠牲にしてきた気持ち。結果として裏切ってしまったみんなのために。
自分たちは誰が見ても、幸せな夫婦にならなければならないね、と口づけをかわしながら、語り合うのでした。


ラストシーンの、終夜が近所の子供に壊れた世界での話をはなすシーン。
すごく好きですね…!
ああいうふうに、話せるようになったんだなと。
そしてそれを…おじちゃんの話、むちゃくちゃだ、面白い!って言われて、穏やかな笑みを浮かべている終夜が、お昼寝から起きて、マンションの玄関先まで終夜を探しにやってきた撫子を振り返り、「おはよう」っていうシーンが、なんとも優しくってww

想像できるな…。ホント!!

終夜ルートって、実はすごく、すごく、いろんな人の犠牲に成り立ってるんですよね…!
あのあと切り札を失って、有心会はどうなったのかも、わからないし。
あの世界の零さんを思うと、胸が張り裂けそうにもなるし。
楓やトラだって…!

それでも、みんなは終夜の幸せ(撫子、ではないところがいいですよね…)を願って、願って、決断した結果なんですもんね…!そういうことが、「きっと見守ってくれてるわよ」というひとことで、なんとなく救われたような気がする…んですよねぇ…。

あの時(初回プレイ)は、もう話の真相が知りたくて知りたくて、こんなにじっくりシナリオかみしめる暇がなかったんですけどね。


☆残留end後シナリオ

いつ目が覚めるかわからない終夜の看病をあれからずっと続けている撫子。
あの時の自分の選択が正しかったのかどうか、それにまだひっかかりを覚えながら、撫子は、僅かな逢瀬の時間のために、必死になって治療法を探していました。

気晴らしに散歩でもしてきたら、という楓の言葉に、悶々としながら外にでる撫子。
気が付くと、CZの警備員に見つかっていました。

ふと、撫子は思います。

自分が捕まって、政府に連れていかれて。
「私が政府に捕えられる代わりに、その科学力で終夜を助けて」と頼むことはできないだろうか。

その、悪魔的な考えに取りつかれて撫子は一瞬逃げるのが遅れます。
すると。
そこに現れたのは終夜でした。

CZ警備員をハッタリでまいてから、撫子の考えをすべて読み取ったかのように優しくいいます。
そなたが傍にいなければ、私が目覚めた時、意味がない。

それでも。
それでも、私は終夜の明日を望みたいのに。

撫子のやりきれない思いは、深くなる一方でした。

すると。有心会の医者から、試してみる価値があるという治癒方法を教えられます。
それは、一度、終夜の記憶をリセットすること。
彼の神経の衰弱はあちらとこちらの世界での記憶が混濁しているから起こる。
最悪、撫子のことを忘れるかもしれない。
でも、1度整理された記憶の上に積み重なっていく記憶は、もう二度と消えないだろう。

撫子は悩みます。
きっと終夜は、拒否するだろうからです。撫子を忘れる可能性がある。
きっと終夜にとって、撫子は世界そのものだからです。

しかし、それでも撫子は終夜に明日を望んでほしくて、楓や零さん、有心会の医者や近所のひと…みんなでパーティを開くことにします。
宴もたけなわ、みんなが打ち解けてきた時に王様ゲームをしようと言いだす撫子。
そっと王様の棒を、自分の手元に残して。

そして、王様は命令を出すんです。
「治療を終夜に受けて欲しい」

終夜の明日を望むのは、私のわがまま。
そのわがままに付き合ってほしい。
たとえ、私を忘れてもいい。
それでも、そこからまた私が1からあなたが失った記憶を、語ってあげる。

その決意を聞いて、終夜は、みんなに迷惑をまたかけるかもしれないと謝りつつも、治療を受けることを決めるのでした。

パーティのあと眠ってしまっていた終夜。
いつもの、「あちらの世界の終夜」が自分を責める夢を見ます。
犠牲になった世界、自分、仲間。
また終夜は心を閉じてしまいそうになります。
しかし、今回の夢はどこか違いました。

「時田終夜」が「時田終夜」を許す夢だったのです。

そなたにできる償いは、過去にはない。
未来にこそ、あるのだと。
そう背中を押してくれるところで、目が覚めます。

あの世界で、撫子が言ったことを思い出します。
「冬のあとには春がくる」
そして、自分の名前。
明けない夜は、ないのだ。夜が終われば、必ず朝がくる。

外に出ると撫子がいて。
雪の舞う中、たたずんで、そして振り返って――。
終夜に微笑みかけるのでした。



あー、なんかいいですよねぇ…!!
こういうエンド、大好きです!!!

残留エンドの終夜はほんとにどうなるのかと思ってたんですけど…、こういう感じなんですね。
明けない夜はない。
うーん、終夜らしい…ストーリーというかなんというか。

まあ若干気になるのは、有心会も政府も、このルートはなんも関係なくなってしまうってとこなんですけどねw
けど、世界なんてどうでもいい、終夜こそが、世界なのだというルートもあって、いいですよね。
確か…本編のバッドエンド。
あなたのいない世界なんて、私はいらない。
って撫子ちゃんが言うんですよね…!!
あのバッドエンドはぞくぞくします…ほんと。
ああ、全然整理されてないな、この感想wwすみませんね!!


まさに後日シナリオもそういう感じでしたね。
終夜の記憶障害、治るといいなぁ。

すべて忘れてしまってもいい。
2度と目覚めないよりかはいい。

それは極論だけど…どうか、助けてあげて欲しいですね。
こちらを選んだ終夜と撫子を。


あと、ごほうびCGのボイスww
ちょっと電波なところも表現されてて、いいですね…w

愛するがゆえに…やらなければならない…!!ってww
マフィア終夜…すてきーー!!

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

りる

時田終夜の残留endってどうやって出すんですか(´・_・`)
by りる (2016-12-15 17:51) 

あかり

>りるさん

お返事遅くなりました……!!
おそらく時間が経っているのでもう解決されていますよね……!!
すみません、かなり前にプレイしたので細かい分岐は他の攻略サイト様などでお調べいただけますか。
よろしくお願いいたします。
by あかり (2016-12-19 14:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。