So-net無料ブログ作成

CLOCK ZERO~終焉の一秒~ 西園寺寅之助感想(portable改訂版) [CLOCK ZERO]

portableプレイに伴い、感想もちょっと改訂しようかなぁと思いますw

まず。
ポケットCZ…。たった1ルート遊んだだけですが。
PS2版と…ボリュームが全然…違う!!!!

ボーナストラックのボリューム、追加ボイス量がすごいですね。
正直、ここまでとは…。

ボーナストラック、もちろん描き下ろしスチルなんかありませんが…。
ちゃんと本編の「もやっと」した部分を補うような形で情報が補填されていましたね。

あれで「完結」と、したのではないかという意見もたくさんあるみたいですけど…私は、あれ読んで、まだまだ、あるだろうなと思いましたww

だって、それこそ煽ってるような感じだったよww
ファンに対して挑発的だよね☆←ちょっとおかしくなってます。

まあ…、そこそこ人気タイトルになってるみたいですし、○○の亡…げふんげふん、商売上手なオトメイトさんのことですから、たぶん終わらす気はなさそう、な気はしますけどね。


あと!!
あんなにめんどくさかった課題の入力が!
2周目から、選択肢になる!!(衝撃的!)

あと、夢が…夢がすっとばせるとはどういうことだ…!(衝撃的パート2)
…すばらしすぎる…!!


では!本編&追加シナリオ。

改訂版ならびに、ネタバレ感想いきますよww




西園寺寅之助。
ど、ど、どうしよう、もう言葉にならない……!!!

プレイ中(もちろん反逆者のバージョンから)あんなに、どっきどきしたのはひっさしぶりすぎて、参りました……。
正直、苦しかったww
なんですか、あの、ギャップ。
不良少年と優等生の恋、なんて結構ありふれてますが、もうなんっていうか、その不良少年が、普通じゃねぇ。半端なく、壊れてる。
そこが、たまらなく、いいんですよ…!!!

あー!!!!

壊されたい!!!


トラちゃんルート、はっきりいって、難しくありません??(笑)
普通に寅目指して、バッドになりましたよw
あと、あの図書館の本探し、手伝って、って選択肢。

迷いに迷ってたら、選択肢変わって、びっくりしましたけど。
残り2秒くらい??もう、どっち選んでもバッドになるし、意味わかんねえ!(トラちゃんばりにw)とか思ってたら変わってびっくり!!

あ、とりあえず、それいいたかったんです。
あと、トラちゃんに関しては、選択肢、普通に選んじゃいけないんだ、ってすごく思いましたねw
かなり突っかかっていかないと、相手にしてもらえないのな……。


小学生ルートは、あの、忍び込んだ夜の学校で、ロッカーに隠れるところは本当に、可愛かったなぁ!!
…あんな風に同年代の女の子に悪戯できるとか、どれだけマセてんだよ、寅之助w


こういう子、ツボですw
「嫌いじゃねぇよ」がもう、かわいいーーーー!!!


もう、ヤバイです。どうしようもなく、好きです。彼。
トラとの恋愛の、キーワードは、アイデンティティ、というか存在価値というか?
凶暴性、というのは確かですけどね……ほんとに!

「オレはオレ」
非常にこの台詞が印象に残っています。

基本的に、反政府組織の手に落ちた人質、というポジションは理一郎と同じ。政府との交渉材料として、扱われる撫子。自分が惹かれていた寅之助は、近くにいる若ですが、その若――トラは2010年に撫子との交流のない過去を持った、別のトラ。

撫子の戸惑いっぷりに、思わずうなずく私。

どこまで信じていいんだろう?
根本的にはあの、なんだかんだいって一緒に遊んだり、いけないことをしたりして笑いあった、あの温かいトラなのだと思う一方で、そんな2010年のトラを若に重ねているのを利用して、騙されているような気もする。
案の定、いろいろと騙されているし。

うまいなぁ、と思いました。この作り。理一郎もそうですが。
トラの場合はより思いましたね。


なんっていうんだろう。こういう…あの人なんだけど、どこか違う。でもその知っている片鱗をどこかに感じる。それにとてつもなく惹かれてしまう、この心理。しかも、この場合は、酷いヒトだww

なんっつーんでしょう。実際にもありますよねぇ。自分が過去めっちゃ好きだった人が言った言葉を、なにげなく異性なんかに言われると、気になりだす、みたいな。

ちょっと違うかもしれませんが、そういうちりちりとしたところから、始まる若との恋愛。

若と哲学者の会話や、放浪者の根本的な部分など…変わらないものがあることを知って少しだけ、心に余裕が生まれる撫子。そしてまた、若の仕草に、あの幼きトラを重ねて。

2010年のトラを知っているから、この人も大丈夫。

どこかでそう思う撫子ちゃんは、…人質だというのに最初から強気です。
お前のことは、政府との交渉の駒としか思ってない。
だから、絶対お前を助けるなんてことはしない。
そこまで言われながらも、どこか、です。

しかし。
若には「人質たる所以」をわからせるために、わざと監視を緩めて怖い目に合わせられたり(構成員のコワイお兄さんたちに、コワいことされそうになるんですけど…捕食者の瞳、って撫子ちゃん。12歳でそんなw)有心会の長の言葉には、人質がなりうる最悪のケースを想像させられて…撫子はすっかりまいってしまいます。

やがて交渉段階を進めるために、そこは過激派らしく、人質の身柄は保証しない、といった意図で撫子の髪を切って政府に送る、ということに。(PSP版で読み直すと、人質がその本人だと示す、一番古典的な方法らしいw…髪って遺伝子情報の宝庫だからなんですね!)

トラが撫子の髪切るところ、超ヤバかったです。
私、別の意味でうるうるしたんですけど…!!トラってすっごい髪を触る描写が多いんですよね。くしゃっとしたり、梳いたり、絡めたり、撫でたり……。この描写がヤバかったです。ほんと。スチルももちろんですけど!!!!

手のひらから伝わる温度に、2010年とトラとの日々を思い出す撫子。
しかし、誰も信用はできない、ということを分かってしまった撫子は、人質として利用され、いつか傷つけられるかもしれないので、一世一代の決心をして逃亡を謀ります。

しかし、トラに捕まってしまい。
帰ってきて投げかけられた言葉は、人質として丁重に扱っているつもりだ、逃げたりすると、もっと立場が危うくなることを忘れるな、と想像を超えたものでした。

怒りにまかせて、撫子は叫びます。

あなたのことなんて信じないわ。
どうして?どうしてそんなに変わってしまったの?
私が疎ましかったの?嫌いだったの。

そうはいっても、この寅之助は、九楼撫子と交流を一切もってこなかったトラなんです。
好き嫌いの問題じゃない。
寅之助はそう言いますが…、撫子は言い募ります。

「こんなのトラじゃない」
黙れ。
「まるで人間じゃないみたい」
黙れっつってんだろ!!←これが最高に萌えるwどうしてだろうww


トラの逆鱗に触れるポイントが、すっごいナイーヴっていうか、なんていうか。
本当に不安定なコだよ、この子。(しかし、再プレイを重ねると…この言葉に敏感に反応するトラのことが、むしょうに哀しく思えるのは私だけww)

撫子の、こんなのトラじゃない発言に、ぶち切れて押し倒して、正真正銘そっちの意味で、壊しにかかろうとするトラ。

キレ方が、最高に、素敵。
いや、素敵。マジ素敵。

撫子にひっぱたかれて、「ってえな。…挑発してんのか?」には、もう何度聞いても、おかしくなりそうになりますねw…気が強い子大好きだよーー!!
(PSP版、回想CGのここのコメント、すごく萌えました…!!!怒ってるのもあったけど、絶対目をそらさないトコとかがすごく気に入って…そういうの関係なく、むちゃくちゃにしてやりたかった…とか…!!たまらーーん!!低音ボイスたまらーん!!)


そして、その髪切り効果。強すぎて、政府が交渉どころか、けしかけてくるんですね。いやーびっくり。(まあ、あのキングなら…ねww)そして、そこで有心会側も、人質をとられてることが分かります。部下が早まって、撫子を傷つけようとしますが、そこはお約束。トラちゃんが盾になります。トラ負傷。
ここの、ビショップに啖呵切る撫子ちゃん、超かっこいいw

(ほんとかっこいいw何度見てもかっこいい!「引いてくれないなら、私、ここで死ぬわ」は…もう鳥肌もんです)

そして、それからはトラの看病にあたる撫子。

トラの「……看護婦さん?」が、やたらめったらエロいなぁと思ったのは私だけですかね??

トラの裸体に包帯を巻きつけるシーン。もう超かわいかったですね、撫子ちゃん。円周率と寿限無って(笑)それをやたらからかう、トラ。この辺りから、トラは撫子のこと、愛しいんだなぁ、ってすっごい感じました。なーんか、そばにいてほしがったり?(回想CGコメントの、可愛かったぜ?オレだって理性とびそうだった、には…もうため息が…。はあ…♪で、ぜんっぜん気づいてなかったんですが、この場面で、初めて、トラは撫子の名前を呼んでいたそうですww…トラの上半身裸に理性奪われてましたからねwすみませんねww)

そして結局、長が裏でいろいろやってトラに内緒で勝手に、撫子を政府に引き渡してしまいますが、トラが奪還しにくるという、ここもお決まりの(略)

それからはなんだか激甘な展開に。
理一郎のアジトに逃げ込んで、お互いの傷の手当て。

……なんですか。あの素敵スチルは……!!
あの、あの。あ。

あのトラちゃんの満足そうな瞳はなんですかーーーー!!!

あそこが一番きました。いや、なんとなく、くるな、これ、くるな、とは思いましたが。
傷口に唇寄せて、ガラスの破片を、と、とるとか!
しかも、足!
想像していた以上の破壊力で(予想通りだったのに)もうしびれました。はなしてよ、という撫子に、「嫌だっつったら?」
この台詞、何回きいたかわかりません。
なぜかツボです。どうしよう(笑)
名残惜しそうにもう一度口づけるトラにまた萌え。

……ヒトのアジトでおまえらなにやってるんだかw

(CGコメントで衝撃の事実がww←そうでもない。トラちゃんこの時、足にキスマーク残してたそうですよww…うわぁぁぁぁハズイ!!)

この後、一緒に眠るシーン好きです!
そして、あと、寝ている撫子にいろいろイタズラするトラが悶絶するほど、大好きです!!!
気持ち良さそうな顔してた、には…もう…口がぱくぱく…ww
(どうでもいいけど、再プレイして思いましたが…トラってすごく首触ったするの好きだよねぇ…。首ばっか狙ってくるなぁ…ww)

そして、語られるトラの過去。両親のこと。息子に嫉妬とか、はぁ?とか正直思いましたが、まあ、用は虐待されまくったってことなんだなぁと。もっとなんかあるのかなと思いましたが、そうでもなかった。でも、親父が狂愛なら、息子も(略)そんな親に似てきたといわれることがすごく厭なトラ。だから、「俺は俺」だったんですね。
しかし、血は争えない。うん、たぶん。

そして、金色の瞳。
トラが凶暴な本性を見せる時にかならず出てくるこいつです。
トラは、自分ですら制御できないこの凶暴な自分のせいで、親に捨てられ、大切なものをなくしてきたといいます。

トラって正真正銘の、危ない人。まあ、いろんな意味で。
現実なら、まさにそう。でも、この危うさ。好きで好きで仕方のない撫子を、うっかり激情に駆られて、壊してしまいそうになる、その、まさに本能に頼って生きている獣のようなその性質。
それこそが、トラの魅力なんですよね。

そして、有心会に戻って、トラの父親である長と直接対決。(というか、トラはきっと、この時有心会に戻って、撫子を元の世界に返したかったんだね。だぶん)

トラの心を抉るように、親とは思えない言葉を浴びせながら、トラに暴行を加える長。

その凶暴な性質のせいで、どれだけのものを失ってきた?
お前は、愛されるような存在じゃないだろう。
このお嬢さんだってそうじゃないのか。
お前が好きなんじゃなく、「あの世界のお前」を、お前に重ねているだけなんじゃないのか?
そうなんだろう?

ここで解答に躊躇してしまうと、ものすごく傷ついた顔をして、撫子、トラに気絶させられてしまいます。
そして…。

「オレ以外の「オレ」は、いらねぇよなぁ…?オレがいいっていってくれよ、撫子」
ですよ…(涙)
過去に飛んで、あの世界の自分殺してくるほどの、嫉妬心。
いやー…もう、だめですね。BADエンドもくらっくらします。
こういうバッドエンド、大好きです!!


しかし。
「私が、受け入れたのはここにいるトラなの」
即答すると。


あの、きゃーwwなキススチルなんですけど…!!

あの告白シーンは震えました。もう、そりゃあもう!!
「やるよ。全部」には、もう参りました。ひれ伏したい。
トラが全部、ほしい。といった、撫子を褒めてやりたい!!
それを聞いたトラちゃんはどんだけ嬉しかったでしょうね?相当なMですけどね、撫子ちゃん。すべての矛先を自分に向けろだなんて。そのいら立ちも、悲しみも、いきどころのない憤りも。
背後からの抱えるようなキススチルもすっごい色っぽくて。

そして、お互いの気持ちを確かめた後。
有心会へと戻ります。
おとしまえを付けるため。
そして、撫子が受け入れてくれた自分を、少しでも自分が受け入れるために。

帰還エンド。あの、撫子が帰ることを決めた時の、トラの反応。
そして、そこからあの若のやみっぷりはすさまじかった。
殺しちゃうって。鷹斗殺しちゃうって!えー!!
しかし、その声はひどく優しくて。

「好きだったよ」なんて。

あそこの「好きだったよ」は最高でした。何回聞いても!うるうるします!!(ここのCG回想コメントはすごかった。あの時ひとつだけ言い忘れた言葉があった…って!!お前に好きだって、必要だって言ってもらえて、正直本当にうれしかった。オレを受け入れてくれたお前と、これからの未来を生きるお前、両方を守れることが嬉しいとまで、いったんだよ、このヒト!!…もう駄目だよ…う!!)

そして戻った世界で2020年のトラと結ばれる。そのトラの仕草に、若を思い出しそうで、思い出せなくて、泣きたい気持ちになる、なんて切なすぎます……。

そして、再プレイしてあの、10年後の西園寺寅之助へ、を読むと。
なんか…なんかわかんないけど、すっごく、すっごおく、哀しい気持ちになりました…(涙)
テキトーに元気でやってろよ、というのが、帰還エンドだとものすごく心に響く…!


結局戻らずに、トラを愛し続けてく方が正式エンドなんですかね?(正式エンドはまさかの帰還エンドですよねww)
あの、なんていうか、どうしても離れたくない、離れられない、好きで好きでどうしようもない!みたいなのが、すっごいよかった……。
嫉妬しまくるトラも最高にいい。それをうまく飼い鳴らしてる撫子ちゃんも、またたくましい。ほんと。
でも、トラって、怒ってるって示す方法が、すっごく可愛い。無言で拘束して……とか。

なんなんだろう。あの独占欲の塊だけど、すっごい愛されてるのか自信がなくて、それが凶暴性というものになって表にでて、すっごい理一郎とは別の意味で、不器用。……結局最後になってもつかめない。そんなキャラクターでした。

そういえば、あの窓際にトラはいる、あのスチル、すっごく好きです。なんだか、あそこの「トラのこと、好きなのよ、あの子」という、そのあの子に、憤りを覚える撫子が好きです。
唯一の理解者は私でいたい。小学生なのに、ほんとマセてるな。

総括として、とりあえず杉山さんの大人トラ&子供トラの聴き比べがすっごい面白い。薄ーくかえてあるんですよね。あ、もちろん子供の声なんで、高めではありますが。他キャラって結構違うから。ほんっとに、大人トラの声、ヤバイ。そして、台詞も結構、危ない。いろんな意味で、意識が遠のくw

あの、キレ台詞と、デレ台詞の、声のギャップがすごかったです。甘かったり、怖かったり、優しかったり、悲しそうだったり。
怖いか、痛かったか、などの、なんでもない一言が、声がのるだけで、あんな風にこちらに伝わるなんて、本当にすごいなぁと思いました。

いやー、しびれました。ほんと、しびれました。

まさか、こんなに寅之助におぼれるなんて、撫子じゃないけど思いませんでした!!


☆帰還end後シナリオ

夏休み、撫子に、一緒に旅行にいこうと誘う寅之助。
撫子は2つ返事でOKし、外泊を認めてもらうために父親に連絡をします。
ついでに恋人は寅之助だと紹介しよう、と暢気に考えて父親に詳細を伝えると…とりつく島もなく言われます。

「別れなさい」

そのことを寅之助に言うと、男と旅行にいくと父親に正直に言うなんてお前はバカか、と呆れられます。

が、撫子はやはり父親に隠し事はしたくない、そして寅之助との付き合いをちゃんと認めてもらいたいという気持ちなのでした。


そして父親との話し合いの日。

外食をしながら、どれだけ説得しても平行線をたどる父娘の会話に痺れを切らして。

突如、渦中の人物西園寺寅之助が、現れて――。

家柄、育ちが全然違う2人。反対されるのは百も承知。

でも素の自分を隠して取り繕っては、認めてもらえることにはならない。

それでも。

自分ですら嫌な部分もひっくるめて愛してくれるのは、撫子しかいない。
だから。

自分は撫子を絶対に、離さないし、撫子も自分を離さない。

そう撫子の父親に向かって吠える寅之助と、その売り言葉を買って、娘と付き合うことがどれだけハードルの高いことか、喚き出す父親。

ついに。
いい加減にしてよ!
と撫子が2人にキレるのでした。


家に帰って。
トラからメールがきたと思ったら。

外にいる、とあって。

その後どうだったか、など柄にもなく心配してきてくれた寅之助に、言いようのない喜びを覚える撫子。

旅行にいけるといいわね、と笑う撫子に、寅之助は、相変わらずぼけてるな、と苦笑いをします。


寅之助は、旅行のことなんか忘れてた、もっと別の話だよ、と言いながら、いつものように撫子を胸に抱き込んで。

欲しいものは、遠回りなんかせずに最短距離で奪う主義だけど。

ほかでもない、撫子が「認めてもらう」ことを望んでいるから――遠回りも仕方ないかな、とどこかで思うのでした。



いや。
表現しきれん…!!!

あの短いシナリオに埋まりまくったいろんな、感情…!
若を思い出したり、とか、細かいとこ挙げだしたらキリないんですが(笑)

どうでもいいけど、最初のあの、ダラダラ、いちゃいちゃ、甘々はなんだ(笑)

こっちの想像力と理性が…保たないww


とりあえず、あの「やましい気持ちなんてないのにどうしてお父様はあんなに怒るのかしら」に対しての…いや、やましい気持ちで言ってんぜ、というトラに。

…!!(声にならない萌えww)

そんなの暗黙の了解っつーか…といいながらもちゃんと「お泊まり了承する=何されても文句言えない」をちゃんと説明するあたりが、自分でもいってたけどトラちゃんって馬鹿ww


あと「西園寺寅之助…です」の初敬語にホントびっくりした…ww

そこからはいつものトラだけど(笑)

やっぱり2020年の彼は、そういいつつもまだ、マトモだよねww
喧嘩っぱやいのは相変わらずだけど、ちゃんと本音を伝えようと、自分を知ってもらおうと頑張ってるもんね(笑)

ラストは…。

トラが将来を考えてる…!!!と驚きました(笑)…結構なんだかんだいって、完全に悪くなり切れないとこが、2020年の彼ですよねー♪


☆残留end後シナリオ


日々新しく立ち上げたレジスタンスのリーダーとして、忙しく過ごすトラ。
しかし、理性が飛んでしまうのは相変わらずで。
今日も楓に「それ以上やったら、お嬢に怒られますよ」と言われるまで、相手の瀕死具合が理解できませんでした。

またやってしまったと、帰ってきて撫子に目を合わせることができないトラ。
それでも、しつこく聞いてくる撫子に、トラは苛立ちながらも、ちゃんと素直に報告します。
ハメをはずしそうになった。またやってしまった。

ちゃんと報告してくれたのに、まだ気分が晴れない様子のトラ。
どうしてか聞くと、こんなことを言います。

自分は壊れた、この世界を望んでいるのかもしれない。

母親でもあり、リーダーでもあったしぐれは、依然として見つからず。
すこし、集まった情報によるとすでに「矯正措置」の対象になって、もうしぐれはしぐれでなくなっているだろう。そんな、政府の犬と化したしぐれは、はっきりいって、今、自分の組織には必要のない人物だ。士気も下がるし、なにより足手まといになる可能性がある。

自分の母親に対して、こんなことを思う自分に、苛立つ。
それでも、助けたいとは、思う。でも、今かといわれればそうではない。
それを。
ずっとこうやって、戦い続けていたいみたいだ、と自嘲します。

そんな言葉に撫子は、笑い飛ばすように言います。

「トラが政府に勝てばいいだけの話でしょ」

そんな撫子に、幼き日に接したしぐれの記憶が蘇る寅之助。
七夕の短冊に、「喧嘩上等」と自分に書かせた母親。
あほらしい、とは思うが、確かに、自分の中で、それはまさしく正論だった。

撫子はそれを聞いて、極論だけど、間違っていないわね、と言います。
勝者のみが、ふるうことのできるもの。
それは、どんな場合でも、必ずあるものだ。

そして。
そんな人を、長は愛したのか、とどこかでふと、撫子は思うのでした。

でも。勝手手に入れたものが、トラの思い通りになるかはまた別の問題だ、と撫子は釘をさすように言います。それを聞いて、お前がいい例だな、と寅之助は笑います。
本当に思い通りにならない女だ。
そう続ける寅之助に。

そうかもしれない。
私はトラのものだけど、トラだって私のものだ。
トラだって思い通りにならない。

でもそんな私を好きになってくれたんでしょう?
トラがトラだから、奪ってほしいと思った。

その言葉に予想以上に反応して、抱きしめて、噛みつくように首筋にキスを落とす寅之助に。
撫子はそっと、今が誰も帰ってきませんように、と願うばかりだったのでした。



やっぱ若、好きww

あの、幼少(小学生よりもっと小さい時の)トラの声…ww
カワイイよ…杉山さん超カワイイよ…どうしようww
なんであんな声、出せるんだろう…!!

けんかじょうとう!ってww

ドラマCDのネタがまさか、ここにつながってくるとは。
でもしぐれさんのことを考えると、少し胸は痛みますよね…!!
矯正措置ってなんだろう…。まあ時空跳躍するような技術もってんですから、なんだってできるよね、CZは。

壊れた世界の撫子はほんと、逞しいなぁ…。と思います。
そして、トラちゃん、完全に忠犬だしww

あの、撫子から、自分以外の匂いがするっていうのは…ほんと、犬かww
他の構成員の手当てをしたから消毒液の匂いでしょ、ってww
それに嫉妬心むき出しにするトラも…トラだなぁ、ほんとトラだなぁ(しみじみ)

そして、相変わらずの激しさ…w

はぁ…もうため息がでるわ…!!

nice!(0)  コメント(8) 

nice! 0

コメント 8

日和

あかりさん、こんにちは。
虎の感想を読ませて頂いて、この嬉しさを是非あかりさんに伝えなければと思いコメントさせて頂きました。
虎いいですよね ww
人気投票ではメインの中では最下位。
他の方の感想ではヤクザ、ヤクザと辛口コメントばかり見てきたので、あかりさんの感想を読んで、もう嬉しくて嬉しくて。

虎よかったですよね←大事なので2回言う ww

虎が撫子の髪を切るところ、私も超ヤバかったです。
あそこ私も好きなシーンです。
あれ、最初は指を切り落とすとか言われてたのを、虎なりに1番穏便に場が収まる方法で撫子を助けてくれたんですよね。
でも女の髪を切るなんで最低だって意見が多くて悲しかったんです。

あと告白のシーン、「やるよ。全部」は私も参りました ww
私もひれ伏したいです www
その後に続くキスは萌え爆発ですし。
あのスチルは反則ですよね w
そうそう課題、2週目が選択肢だって情報は衝撃でした。
課題の面倒さでスルーしてたので、PSPもプレイしたくなりました。

なんだかダラダラ長くなりましたが、他のキャラの感想も楽しみにしてます。
それでは失礼します。


by 日和 (2011-11-12 21:46) 

あかり

>日和さん

なっがい感想読んでくださってすっごく嬉しいですww
ありがとうございます!!

トラ、いいですよねww
日和さんもこういうキャラ好きですか!嬉しいです!私も結構、解決方法が短絡的すぎるとか、ヤクザ!的なコメントをいっぱいPS2プレイ当時読よんだので、その気持ちがすごくわかるww

ええ、トラよかったですとも!!

ええ、ええ!!2回でも、3回でも大事なことなので、叫びましょうww

トラが髪切るシーンは、ほんと好きです。
私は、「最低!」というより、むしろあそこで泣きそうになったんですけどねぇ…!あそこって、撫子が頑なに「トラのことなんて信じない」って思ってる時に、2010年の小学生トラのあったかさを、嫌なんだけど思い出しちゃうシーン、って感じがするんですよねぇ…!!

ですよね。確かにそういう考え方もあるかも!!
トラはトラなりに、いろいろ考えてたんだなあっていうのは、CGコメント(PSP追加要素)を聞くと、すんごくわかりますよww

ですよねぇ!!あの「やるよ、全部」ってのは、いいですよねぇ!!
日和さんでしたよね、トラの感想に「やる」って言われるのと、「くれ」っていわれるのは、全然違うって書かれてたの。
あれ読んだとき、ほんとそうだなぁって思いましたよ!
「お前をくれ」って言われるのは、乙女ゲではよくありますけど、「俺を全部やる」って言われるのは、なんか逆により、深い独占欲を感じましたw

抱え込むようなキススチルはまじでヤバイですよね…!!
私CZで、ナガオカさんのイラスト大好きになっちゃいましたよ…!!
あのキスシーンの最中の、今更こんなんで怯えるような女じゃないだろ、的な発言も、ものすごく、ものすごく萌えましたww

そうですよ!課題も夢もすっとばせるので、とっても楽になりました★
追加要素が、とても今までむずがゆかったところに手が届く、っていうか、そういう内容になってて、プレイしてても楽しめると思いますww

こちらこそ!
日和さんとお話できるのは、とっても楽しいですww
また私も遊びに行かせていただきますねーー!!




by あかり (2011-11-14 02:31) 

あぺ氏

はじめまして!!
CLOCK ZERO・西園寺寅之助感想、読ませて頂きました(●´ω`●)
いろいろなサイト様のトラルートの感想を読んでいたのですが、トラルートは辛口の感想が多かったんです・・・・・・
でも、あかりさんの感想を読んだらとても嬉しくて、思わずコメントを書いてしまいました!!

私もトラ大好きなんです!!!
壊れてる所とか、独占欲すごすぎな所とか、あのエロイ声とか、エロイ声とか、エロイ声とか、不器用なところとか本当にたまりませんよね・・!!


とても丁寧にトラルートの感想が書かれていて私も、ニヤニヤしながら何回も感想を読んでしまいました(*´ェ`*)
すごく感想からトラへの愛情が伝わってきてこんなにトラを愛している人がいるんだなぁ!と思って嬉しくなりました!!


トラルートのスチルは全部大好きなんですが、最愛のスチルは撫子がトラに包帯を巻くスチルと帰還エンドのスチルです!


理性が飛びそうになってたなんて!!
中学1年には刺激が強すぎて、心臓が壊れるかと思うほど萌えましたw
帰還エンドもすごく切なくて大好きです!
何度みてもうるうるしてしまいます!


いきなり長々とコメントすみません(。・゜´Д`゜・。)
感想とても感動しました!
こんなに素敵な感想をありがとうございました!!
もしよろしければ、またお邪魔させてください!(*´∀`)/

by あぺ氏 (2012-02-20 20:46) 

あかり

>あぺ氏さん

はじめましてー!!
いやー!!私も、トラちゃん好きさんに出会えて、しかもコメントまで頂いて、嬉しい通り越して、感動しておりますーー!!

そうなんですよねwwトラルート、ほんと酷評多いですよねw
しかし、前向きに考えるとライバルは少ないってことですよ!!(爆笑)

冗談はさておき、いいですよねぇ!!トラ!
いろんな乙女ゲームで遊びましたが、なかなかこんなキャラいませんもん!!

撫子も言ってますけど、あの凶暴で、独占欲強くって、完全壊れてるトラが、時折ふわっと見せる、慈愛に満ちたシーンとか仕草に、萌えまくるんですよねぇぇぇぇ!!!

エロい声wwエロいですよねぇww
たまらないです…!!あの、押し倒された時の、乱暴すぎる声色が…たまらないですww

私は、個人的にトラのCVを担当されてる杉山紀彰さんが大好きなんで、トラのこと若干ニュートラルに見れてないとこあるんですが(笑)それを抜いても、トラちゃんが大好きですww

感想、すごく丁寧に読んでいただいたみたいで、私もとっても嬉しいです!!書いた甲斐がありました…!!おっしゃる通り、トラを愛してやまないです!PS2が発売された時から、それはもう虜です!奴隷ですwwむしろ、トラに壊されたいですww

わかりますww包帯巻くスチル!あれはこちらの理性も飛びそうにww
あの大ブーイング(笑)の帰還エンドがお好きとか、本当にトラちゃんお好きなんですねwwすんごい嬉しいです!2020年のトラも素敵なんですけど、個人的には「若」が好きなんですよねえ!!あぺ氏さんはどちらがお好みでしょうかwまあ、本質的には一人だけれど(笑)

…てか、中学1年生…!ということは13?歳?ですか!?
うわぁぁwwそのお年で、トラが好き!!とおっしゃられるなんて素敵ですねw
私、たぶん自分がその年の時には、そんな感覚なかったですよー。ホント。


じゃあ、リアルに撫子ちゃんの感覚ですよね?!
小学校パートでの淡い恋愛が、急に大人の恋愛に変わるっていうところも、かなりな萌えポイントだったんじゃないでしょうか??

初恋のカレが大人になったら、とか、私はよくあぺ氏さんの年の頃、思ってたので。なんだかCZのゲーム設定的にもすごく個人的に甘酸っぱかったんですよ☆

いえいえ!!こちらこそ、長々とw
嬉しいお言葉、たくさんありがとうございます!
乙女ゲームはよくプレイされるんでしょうか?
また、何か遊んでるものがあったら、ぜひあぺ氏さんの感想も残してくださいね☆一緒に語りましょうw

ぜひぜひ、また遊びにきてくださいませ!!!
by あかり (2012-02-22 19:59) 

ひー

はじめまして!!
あかりさんのトラの攻略、読まさせていただきました!!
私の周りではCLOCK ZEROをプレイしているお友達がないなくて…。
この思いを共有できる方がなかなかいなくてもやもやしていたところ、あかりさんの攻略読んで、ぜひ思いを共有したいと思いました!!

(実はプレイし始めたばかりでトラだけなのですが…)
トラ、本当に大好きです!!
トラのちょっとSなと事か、触りたがりやなとことか、声とか、病んでると事か…。ほんとうに一発目にして、がつんっ!とやられましたよ。

私病んでいるキャラが大好きなので、トラの帰還エンドには本当に悶えました!!「好きだったよ。」って…。撫子ちゃんと同じくなんで過去形なの?って思いました…。

しかも!!あかりさんと同じくスチルコメントで、

これで過去のお前も未来のお前も俺が守ってやれる

って…。
うわーん!!!!
本当に泣いてしまいました…。なんでー!!って激しく思ってしまいました。
あと、帰還した後、撫子ちゃんが時々若の事を思い出すけど、はっきりと思い出せない…。
いくら帰還エンドがtrueエンドといってもあんまりだろう!!と。

とかなんとか言って私、切ない系も大好きなんですけどね^^*

ほんとにCLOCK ZEROがPSPに移植するまでまってて正解だったな、と思いました!!

このトラに対するあふれる思いを今日共有できる方にお会いできてうれしかったです!!
あかりさんの感想は詳しいところまで書いてくださっているので未プレイでも読んでいて面白いです!!

では、長文を長々と失礼しました。
よろしければまたお邪魔させてください^^*


by ひー (2012-02-29 16:52) 

あかり

>ひーさん
はじめましてー!!
無駄になっがい攻略感想、読んでいただけて嬉しい限りです!
CZ友達、いらっしゃらないんですね!!このゲームは、なんか「聞いて、聞いてww」って語りたくなっちゃいますもんね☆
私でよければ、いつでもwww

おう!まだトラちゃんだけなのですね!
いきなり異端児からいきましたねwwひーさんww
でも、CZはどのキャラから遊んでも(鷹斗は無理ですけど)一味も、ふた味も、感じ方が違うので、オイシイですよねー☆

私もヤンデレ、大好物です…!!
特にCZはたくさんヤンデレなシーンが潜んでるのでたまらないです…!!
特に病み全開のトラ帰還エンド、ほんと、たまりませんよね!!

私も「好きだったよ」には悶えました…!!
あのなんともいえない優しい声と、コワすぎるシチュエーションに、もうくらっくらきました!!!
あそこのスチルコメントは、もうトラちゃんファンならぐっと、…こうぐっと胸をつかまれますよね!!!!!←衝動が抑えられないww

CZで何回泣いたかわかりませんよう…!ホント!!
撫子ちゃんが、2020年の彼に、触れられると泣きたくなるっていうところは切ないですよね!!!!もう、わかっててもヤバイ。
個人的に2020年のトラよりも、若がすごく好きなので、個人的なtrueエンドは、若をとる方のエンドです!(えっへん)

あの、帰らないっていった時の、若の好き過ぎてどうしよう、っていうリアクションが…もう、今思い出しても、どきどき☆

CZPSPで初プレイだったんですね☆
私はPS2版からなので、結構長いこと、トラに心を奪われたまま、戻ってきておりません(笑)
私も切ない系のお話大好きです☆ひーさんはどういうゲームをこれまでプレイなさったんでしょう☆
また、私と被って同じゲームプレイなさったら、ぜひいろんな作品の感想をおききしてみたいですー☆

いえいえ!こちらこそ、トラがお好きな方とこうしてお話できてとっても楽しかったです☆またぜひぜひ遊びにきてくださいませ!

いつでもお待ち申し上げております☆

by あかり (2012-03-01 18:12) 

春月

あかりさん、はじめまして、春月と申します♪
いつもあかりさんの面白ネタバレ爆笑しながら見てますww
トラいいですよねえええぇえぇぇ←
私、寝る前にベッドでゲームするんですけど、あの理一郎のアジトで朝いちゃつくシーンは身悶えすぎてベッドから転げ落ちましたww
帰還エンドのあの鷹斗殺しちゃうシーンはもうね、私泣けばいいのか萌えればいいのか分かりませんw
鷹斗も病んでますけど、トラも相当病んでますよね・・・自分殺しちゃうエンドには私も衝撃!ていうか何ですかねあの杉山さんの、萌え、かつ迫力のある大人時ボイス・・・!!!

微妙なコメントですいません。またお邪魔させてくださいね^^
by 春月 (2012-03-09 15:24) 

あかり

>香月さん

はじめまして☆
えええ!いつもご覧になってくださっているとか、…感謝感動ですwwありがとうございます!!ほんと、思ったままに書いてて…心配になるんですけど(ちょっと正直すぎるかなとか、心配する時もあるんですけど)笑っていただけたなら、すごく嬉しいです☆

いいですよねぇぇぇぇぇ!!!
というか、ここのコメント爛に素敵なトラファンの方が集ってくださり嬉しいwwwww

ベッドから落ちたんですかwww大丈夫ですかww私はPS2時代、あのシーンの「嫌だっつったら?」を20回くらいリピートした覚えがww
いいですよねぇ、あのちょっとエロい感じがセクシーでwww

帰還エンドは、泣いて萌えるのがきっと…正解!!!ですよねww
私は泣きながら萌えましたww
しかし、帰還しない方のエンドの、縋るような若も、もう床ローリングするくらい好きですwww

そうですよねぇ、トラとは違う方向で鷹斗さんも、病んでますよねwww
自分殺しちゃうエンド、ほんと衝撃的なんですけど、もう…その事実とは裏腹に、甘えるような震えるような声で、お前が必要なのは、俺だよな?的なことを言う若に、悶絶します…!!!

杉山さんが普通におしゃべりなさってても、もう声が好きすぎておかしくなりそうなのに…あのトラボイスは、ほぼ全編、キングじゃありませんけど、頭に花さいてました、私。

そういえば、りったんは撫子病だし、殿もちょっと別の意味で、頭だいじょうぶ?なとこあるし、円は、大人子供のギャップが異常だしwww
もうある意味、みんなオカシイですよねww
そこがたまらなく好きなんですけど、この作品☆

微妙なコメントなんて、とんでもない!!!
おしゃべりできるのはとっても楽しいです☆☆
ぜひぜひ、またお気軽にww
いつでも、お待ちしております!!!
by あかり (2012-03-09 20:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。