So-net無料ブログ作成
検索選択

CLOCK ZERO~終焉の一秒~ 総評 [CLOCK ZERO]


CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(限定版)

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(限定版)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game






CLOCK ZERO~終焉の一秒~(通常版)

CLOCK ZERO~終焉の一秒~(通常版)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




tkt180x180.gif


CLOCK ZERO~終焉の一秒~ 総評です。
ネタバレはありません。


①シナリオ ☆☆☆☆☆

すべての真実が明らかになった後、押し寄せてくるこの余韻を存分に楽しんでほしいとおもう、この作品。しかし別の言い方をすると、どっぷり浸かれる人と、そうでない人がたぶん半々くらいなのでは、というくらい人を選ぶ作品です。こういう時間軸をいろいろと扱う作品は大変だと思います。ちょっとしたことで、矛盾が生じたり、作品が白けたりします。が、なかなか丁寧に、そういう部分が全部とはいえないまでも、クリアされている、と個人的には思います。それでいて、それぞれのキャラクターの物語における核の部分は崩さない。そこがあるから、ぐいぐいともってかれるんですよ、感情を。非常に、うまい。この一言につきますね。

ものすごく愛してくれます。どのキャラも。
でも小学生パートを楽しめないと、たぶん…どうしてヒロインがそこまで彼らに惹かれるのかが、わからないかもしれません。初恋の相手が大人になった世界に、突然連れてこられたら。よくある妄想ではありますが、そこで初恋の「彼」に心が動く、というのは、とても普通の心理だと、私は思うので…。
なので、前半で、無理かもなーと思った方は、やめた方が無難かもしれませんね。


②スチル・ヴィジュアル ☆☆☆☆☆

ものっすごく好きな絵柄です。しかし、若干横顔スチルが怖い時もありますが…それは好みだと思いました。いろんなテクスチャを駆使して、どこか儚げで、とても光を意識してあるスチルは、この世界観にぴったりでした。デフォルメも可愛いですし、申し分なかったです。背景などに関しても、ものすごく綺麗。とってもほのぼのした絵と、シリアスなものとの落差を十二分に生かして、魅力あるヴィジュアルでした。
結構、甘いし…大満足でした!!

③キャラクター ☆☆☆☆☆

攻略対象キャラ5人は、申し分ないほどに強烈です。最初は小学生という設定ですが、その時点でプレイを悩んでる方がいたら、もったいない!といいたいです。このゲーム、小学生から恋愛できるところがミソだと思います。糖度は非常に高いので(もちろん大人になったバーションからですけど)ぜひ未プレイの方には、プレイしていただきたい!全員が全員、何かが抜け落ちたり、欠けたりしています。もちろん、どうしてそれらが欠けてしまったのかは明らかになります。私なんかは、彼らの、その欠けた部分が、どのルートもプレイしていくうちに、ものすごく愛しくなりましたが……そこをどう捉えるか。ただのヤンデレと切り捨てるか、愛すべきヤンデレと慈しむか(笑)かなり重要な分岐点(笑)だと思われます。

あと、ヒロインに感情移入できるかは、かなりのポイントですね。
かなり気の強い、根っからのお嬢様です。
背伸びしてて可愛いな、ととるか。上から目線でむかつくな、ととるか。
それは、プレイヤーの性格次第かなぁと思いました。

私個人としては、癖のない、いわゆる「優しくて、元気な普通の女の子」キャラに、面白味もなんにも感じない性格なので、これくらいキャラクターとして癖がある方が、楽しかったですね。


④システム ☆☆☆☆

基本的には、シナリオを読み進めて、選択肢で好感度分岐という一般的なシステム。しかし課題パートという、試験問題のように答えを選ぶのではなく、打ちこむ部分が、周回プレイしている身には結構面倒。しかし、この入力システムの必要性が、あるルートでわかった時には脱帽モノでした。この課題パート、選んだ相棒によっては、全く答えがわからないという鬼問題が多々あります。その点が若干マイナス。まあでも、そんなに個別ルートに入るために必要な数値がそんなにシビアではないので許容範囲です。

かなり作業性が高かったPS2版ですが、PSPはかなりの部分をスキップできるようになっています。
課題入力、毎回同じの夢の選択画面、すべてスキップできます。
ウサギパラメータの調節が多少面倒ですけど、…まあ…あれくらいはしかたないですよねww


⑤作品としての完成度 ☆☆☆☆☆

一人、一人、攻略し終えるたびに、まるでパズルのピースが嵌っていくかのような作品でした。それは、どこか、推理小説を読み終えた後のような身震いに似ています。こういう感動を覚えたのは久しぶりです。しかし、シナリオも素晴らしいですが、なによりコレを引き立てていたのは、BGMとその使い方。ものすごく涙を誘います。エンドで流れてくる挿入歌はどのルートもうっかり泣きそうになります。計算しつくされたBGM。
ものすごく、破壊力がありました。

演出がとてもうまいです。

おまけ要素も非常に多い。(PSP版はさらに多いです。もうお腹いっぱいなくらいww)
各キャラクターをフルコンプすると、その後の物語が読めたり(ここが音声つきならなおのことよかったですけど(まあ贅沢かな)、ちょっとない設定のスチルが見れたり、一問一答が聴けたり、とおいしいです。


⑥作品一番の長所

乙女ゲームとしての価値が高い部分!
激甘でした。そして甘さのバリエーションが5人分。
お約束のキスシーンも、キャラクターによってシチュエーションが全く違います。他スチルも、優しい甘さ、怖い甘さ、激しい甘さ、痛い甘さ、切ない甘さ、いろんな甘さがあって、なんていうか、こう、叫びだしそうなくらい(笑)
どきどきしました。
台詞が、すごくいい。会話が、すごくいい。
シナリオライターさんとの相性が、すごくよかったみたいです、私的に。


⑦作品の短所

ものすっごくおしいのは誤植の数々と、デフォルトを呼んでくれない…!!
あのテンションで、撫子!って呼んで欲しかったです。
さらにどれだけ泣けただろう。そう思います。本当に。


⑧個人的なお気に入りポイント・キャラ

各キャラ、ヒロインの愛し方が半端ない点(笑)
好きなキャラはみんな!といいたいですが、やっぱりトラ&円かなぁ。
再プレイして、鷹斗もかなり好きになりましたね…!!!!


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

エアマックス 2011

お世話になります。とても良い記事ですね。
by エアマックス 2011 (2013-07-26 09:18) 

あかり

>エアマックス2011さん

ご訪問ありがとうございました!
そういっていただけると励みになります。

by あかり (2013-07-28 10:59) 

うるめ

あかりさん、はじめまして。
3年前の記事にコメントなんてホント申し訳ないのですが・・・
どうしてもコメントさせていただきたかったので失礼します。

実はワタクシ、ずーっとCZの購入を迷っていまして。
理由はまさに「え、小学生の恋愛・・・?」というところでした。
いろんな皆様の意見を参考にさせていただこうと彷徨っていたところ
こちらにたどり着き、あかりさんの感想に背中を押して頂きました♪
ありがとうございます!

キャラ攻略終えたら感想拝読したいと思います(^^*)

by うるめ (2014-04-14 12:38) 

あかり

>うるめさん

はじめまして、こんにちはー!
いえいえ、何年前の記事でもこうしてコメント頂けるのはありがたいことです( *´艸`)こちらこそ、ありがとうございます!

わー☆よかったです☆
そうなんですよね、結構「え、小学生が攻略対象??」って思われる方が多いので……若干その部分で損をしているCZです。

結構前の作品になってしまうのですが、今でも、なかなかにオトメイト作品にしては濃いめの(長いですが)シビアな恋愛をモチーフにした作品ですので、うるめさんが気に入っていただけますように、と、自分のことのように願っております(*´ω`*)

またぜひ遊びにいらしてください♪
またうるめさんの感想を教えていただけたらなーと思いながら、お待ちしております☆

ありがとうございました\(^o^)/



by あかり (2014-04-15 12:44) 

うるめ

あかりさん、こんにちは!CZ各キャラコンプしましたー!
ということで、再び過去記事へお邪魔しております・・・。

CZ、買ってよかったです!やってよかったです!
食わず嫌いって恐ろしいですね。
個人的には「十三支演義」「緋色シリーズ」などのシリアスものが好きなので
甘さはばっちりあるのですが、何と言うのか・・・シリアスでシビアな部分も多かったりで凄く楽しめました。
(因みに私は終夜ルートで号泣してました。。。)

あかりさんの各キャラ感想も拝読しましたー!
全て「うんうん!そうですよね!」とうなずきたいところだらけです(^^*)

まだまだ乙女ゲームに足を踏み入れて1年くらいなので(すっかりいい年なのに・・・)
他ゲームの感想も参考にさせていただきますっ♪

あの・・・あかりさん。。。
私のブログでCZの感想書く際に、こちらのブログの紹介させていただいても良いですか?
この記事に背中を押されましたと紹介したいなと思っていまして。。。
勝手なお願いですが、ご検討いただけますと幸いです!
by うるめ (2014-04-30 12:42) 

うるめ

すみません、URL入れ忘れておりました;
こんな感じの駄ブログでゴザイマス。。。
by うるめ (2014-04-30 12:44) 

あかり

>うるめさん

こんにちはー!
お返事が遅くなり大変申し訳ございません!!!

>CZ、買ってよかったです!やってよかったです!

それはよかったです……!!!
十三支~や緋色と比べると、「ザ☆ハッピーエンド」というものが一切ないCZだったわけですが、楽しんでいただけたみたいでよかったです(*´ω`)

そうですね、シビア、というのがストライクな表現かもしれません。
それでもまだ乙女向けにしてある「シビア」さなのですけれども、いろいろとCZはすごく演出やダブルエンドロールなど、凝っていて記憶に残っているゲームです(*^^*)

終夜ルートはいいですよね……!
私はしかし、2周目やったら鷹斗ルートで号泣でした!(笑)

>私のブログでCZの感想書く際に、こちらのブログの紹介させていただいても良いですか?
この記事に背中を押されましたと紹介したいなと思っていまして。。。
勝手なお願いですが、ご検討いただけますと幸いです!


わー!!そんな、こちらこそこんなブログでよければどのページでもどうぞ!!
もしよろしければリンクもさせてくださいませ♪
乙女ゲーマーブロガー同士、ぜひ仲良くしてくださいませー!!

ほんと、お返事遅くなってすみません!
私もまた遊びにいかせていただきますね♪




by あかり (2014-05-06 21:39) 

うるめ

あかりさんこんにちは!お返事ありがとうございます。

早速リンク貼らせて頂きましたー!
こちらこそ、仲良くしていただけると嬉しいです♪
宜しくおねがいしますっ(^^*)
by うるめ (2014-05-07 18:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0