So-net無料ブログ作成

カエル畑DEつかまえて 改訂版感想 (米原美咲&戸神明杜編) [カエル畑DEつかまえて]





何周もするうちに、ミニゲームにちょっと疲れた、あかりです。
(Vita、PSP版はがつがつスキップ可能ですが、ちょこっとやった方がいい)


そして、何この二人のルート!!

似すぎ!!!
どっちかでよかったんじゃないか、と正直思ってしまいましたね。


キャラとしては2人とも面白くて好きですけど!!

というわけで、まとめてネタバレ感想です☆











この2人のルートは、風羽ちゃんとの恋愛+この2人の過去&絆のお話。
なので基本的に話が一緒です。

実はミサキちゃんは妖怪とかが元から見える体質なんですね。(つまり心が綺麗

2人は昔幼なじみでありながら親友であり、かつて少年時代十九波さんの元で土地浄化のお手伝いをしていました。
その活動を通して、月宿の現状に憂えた戸神は教師としての夢を諦め、さらには人間をやめて烏天狗になり、そのことをどうしても覚えていたいんだと、例外的にミサキちゃんは当時の祓玉をそのままに体内に残している、祓玉が抜かれていないためにずっとその「浄化活動の記憶」が残っている、ということが解るルートです。

友人を止められなかった責任を感じ、その意志を継いだのがミサキちゃん。
「誰か」の配慮によりすべてを忘れて、烏天狗として土地を監督するという任務を全うしようとする戸神。

そんな2人が再び「親友」として再会するというストーリーです。



☆米原美咲


結構シナリオはいいのに、…どうしてもビジュアルが許せないんです…!!!
他の子たちは制服だからか、ぜんっぜん気にならなかったんですけど。
明らかにおかしいよ、そのファッションセンス…!?
結構チャラチャラしてる感じの設定なのに、2009~2010年発売のゲームのはずなのに。ちょっとダサすぎる。
それが、ミサキちゃんものすごーーく、ひっかかりました(笑)
キャラクターとしてはすごく面白くて可愛い先生ですなんですけどね、お茶目さん♪

ただ一回りも年の離れた主人公相手なので、糖度は低め…というか、恋は始まったばかり的なラストでした。

しかしミサキルート。
青カエル(一陽)の復讐がはじまり、人間がみんなカエルんなっちゃうという、今まででいちばん「カエル畑」的な展開でどたばたしていて好きです。
カエルの雨も降ってくるしね……!!!

しかもジャスリーンが化けた巨大カエルには驚かされました。
しかも共食いするとか(ほんとは違いますが)

カエルのでっかい足がずーん、て画面に広がるところは圧巻w(PS2の時は無意味にデュアルショック)
聞こえてくるジミーカエルと空閑カエルの悲鳴がかわいかったですね(笑)
助けてー☆くわれるー☆

必死にカエルになった生徒を守る教師ミサキちゃんは、この辺りからカッコよさを発揮します。
26歳にしたら、すごく大人びているなあと全体を通して思いますね。

彼は「憧れていた戸神を模倣しているに過ぎない」といいますが、あの匙加減で生徒に対応できるところは天性の才能のような気がします。

生徒自身を信じる、ということを何よりも重んじているミサキちゃん。
それでいて、彼らが困った時には全力で助けてくれるミサキちゃん。
大人の鏡だと思います。ホントね。

しかしこのゲーム、ハムの覗きといい、お風呂イベントが好きですな。

カエルの風羽ちゃんをお風呂にいれるイベント(笑)
「ミサキくんのえっちー!」には笑いました。

またこのルートは、ミサキちゃんとちょい甘イベントが起こる度の、寮生たちの反応が面白かったです。

先生わかってんの!?
彼女は一回りも違うんだよ!
女なら誰でもいいのかよ先生!

みんなに愛護される風羽ちゃんです(笑)

ラストシーンは、何度みてもいいですね。
かつての浄化活動の折、戸神のことを覚えておく代わりに絶対に十九夜さんたちのことは話さない、というルールを今回破ってしまったミサキちゃんは、約束通り祓玉を抜かれることになります。
祓玉を抜くと、彼ら寮生と過ごしたこの日々すべてを忘れてしまう。

おぼろげに恋心を抱いていた風羽ちゃんが、0時直前にミサキちゃんにキスで気持ちを伝えるところはやっぱりもだもだしますねえ……♪

そのあとの「なんでこんなに近いの?」みたいな会話の切なさも素敵。

あと、ミサキちゃんって他乙女ゲでありがちな「教師だからその想いに答えられない」みたいなのがなくって好きです。
すごく前向きに、でも真っ当な方法で愛そうとしてくれるミサキちゃんは本当にまぶしく貴重な存在です。

ミサキちゃんにもたくさん葛藤とか、悩みとかいろいろあるはずなのにね。

あ、余談ですが幼少ミサキちゃん☆彡
あの声…やっぱりた、たまりませんなあ……。



☆戸神明杜


キノコ先ぱ……戸神先輩。
彼のほとんどの台詞に「きのこ」か「豆」が入っているんじゃないかと……思うくらいに……印象が濃い

やっぱり戸神先輩は、存在するだけで面白かったですね。
どのルートでも基本的に「賑やかし」です。

デンパっぽい扱いでありながらも、実は本当のことしか言ってないという謎の人ですね……ww
いやあ豪快。
表裏一切ないね。


えっと。

いろいろ甘いけど、普段とか他ルートでの発言が面白すぎて、(「脱脂粉乳つくり放題だぜ!!」とか空気読まなさすぎて吹いた)いまいち戸神先輩がマジんなる、本ルートを思ったほど楽しめてなかった初回。

ですが、何度もやるうちに(Vitaで三回目か)キノコ先輩も楽しくなってきましたねww



こちらのルートは(小田島先生は一陽に乗っかっているだけなんですが)2人のカエルが、風羽ちゃんを人間代表「被告」として呼び出して、烏天狗の前で裁判をする、というようなエンドになるのですが、彼のルートはいまいちクライマックス部分がコレなので盛り上がりにかけるんですよね……。この時も先輩と2人で出かけちゃうし。

学生の男の子たちのわちゃわちゃ会話が少ないのであかりさんは寂しいのですww
風羽ちゃんを「誘拐」する先輩に敵意はむき出しなんだけれども(笑)


しかしキススチルはいちばん甘かった。
祓玉を無理やり取り出すため、なんですが、風羽ちゃんの顔とか体制とかが。
あんな顔、風羽ちゃんにさせるのはこの人くらいであります(笑)

しかもラストは嫁にこいとか……結構ラブラブで驚きました!
そりゃあもう、驚かざるを得ないよね、寮生の諸君たちはね……(笑)


しかし戸神先輩の存在はこのゲームのスパイスとしては最高にきいていますね。

何回プレイしても、烏天狗になれる札が話の整合性のためなのか、変に制限があったり……銅鏡を取りに行くシーンなどもいまいち一陽の意図がつかめなかったりで、あんまり記憶に残りにくいですね。

私、3回めなのに……なにやってんだろう……(笑)


地味に壁ドンイベントが好きなんです。
いやあ、流行る前(2009年)からやってる戸神先輩さすがっすね。

まあ2人ともなんか間違ってるんだけどwww






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0