So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

グリザイアシリーズ3部作、ついに完走! [グリザイアシリーズ]







グリザイアの果実をプレイしてからだいぶ経ってしまいました……が!!!

ようやく、グリザイアの楽園までトロコンしましたー!

わーーーー!!\( ‘ω’)/

いやあ、面白かった。
これは”楽園”までやらないと意味がないんじゃないか、ってくらい濃かった。
「カプリスの繭」→「ブランエールの種」の流れが最高に楽しかったですね。アツい展開ありがとうございました!!

なんだかよくわかりませんが、風見雄二ってハーレムが似合う男ですよね……。
なんだろう、女の私でも、風見雄二ならいいかな……って思えてきちゃうというか……。
どのルートでも、全ヒロインが主人公にゾッコン!っていうパターンって、乙女ゲーでもギャルゲーでもあんまり好きじゃないんですけれども、風見雄二は別かも。

いやー、風見雄二恐るべし。

主人公についてばかり語りましたけれども、ヒロインもほんとみんな可愛かったですね!
“楽園”までプレイすると、全員まるっと好きになれましたね。結構泣けてきたりもしたし……!!

それでは、簡単にですが、ネタバレ感想です♪

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド-Fragments of Memory- フューチャー編感想 [悠久のティアブレイド]

本日はティアブレ個別感想でーす!

それでは追記からどうぞ♪

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

悠久のティアブレイド-Fragments of Memory- エクリプス編感想 [悠久のティアブレイド]




大事に、大事にプレイしていたら、すっかりフルコンプするのが遅くなりました!!



悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-

悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




悠久のティアブレイド Flagments of Memory

プレイし終えて思いました。

中村D作品はロマンやな……。

猛獣使い~はちょっとプレイする機会を失ってしまっていますが、グラハといい、トリキスといい、今作ティアブレといい……やっぱりロマンを感じますね。どこか夢があるというか。

中村さんの作品はどの作品もその、根本にある描きたいものがFDまでブレることがないので、本当に素敵ですね。大好きです。
もちろん好みもあるとは思うのですが、私は中村さんが持つ世界観であったり、こだわるポイントがとても合うので、ティアブレイドは本当にFDまでまるっと楽しかったですね。

なによりも、年表システムですか。

素晴らしかったですね。
おそらくファンからの「年表ないの!?もっとユニオンの歴史について知りたい!」っていう願望を、期待以上の方法で叶えてくれたんですよね?……最高でした。

何が素晴らしいって、単なる“SSの寄せ集め”じゃないってところですね。
それは内容について、ではなく、完全に提示の仕方、見せ方の巧さだと思います。

自由度も高い。プロローグこそ固定ですが(そこもすごくよかった、始まるぞ……!感がすごくあったので)自分の気になるエピソードからチョイスしていける。そして、そのあと開いたエピソードに関連した新たなエピソードが開いていくんですよ。しかもそれが時系列順じゃない。

きちんと、プレイヤーが呼んだエピソードの中で知識がなくて「?」と思ったところに関するエピソードがピンポイントで開いていく。またそれを開けば新たな真実が開示されていく……これを繰り返していくうちに、かつての戦争がいったいどういう側面をもち、誰がどういう想いで行動していたのかが少しずつ見えていくんですよ……!!!!

そして、現在へとつながっていく。

これをロマンと言わずしてなんというのか。


しかも語られるのは歴史。そう、すべて、終わった物語。
時代の終焉、世界の滅亡。
大切なあの人や彼が、未来を掴めなかった、もうどうすることもできない過去なんですよ。
そんな、すべてが終わりへと収束していく物語をひも解いていると思うと、そこがまた切ない。

……って、もうそれ乙女ゲームのFDちゃうやん。

ごもっともです。
しかもそれくらい、甘さがない……wwww

年表を開いていくエクリプス編は特にトゥルー後なので、きちんとくっついてるのはロウと姉イヴくらいなんですよね……。

かといってフューチャー編(後日談)が甘いかといわれると。
そうでもない。

いや、むしろたぶん……甘くない。
それでも、安易にイチャイチャさせるだけにしなかったところを称賛したいし、どの物語もきちんと本編のルートを迎えたからこその新たな試練、決意の物語だったと思います。

だから大好き!!!


さて!
前置きはこれくらいにして、ざっとネタバレ感想いきましょうかねー!
ほんっと、久しぶりにきちんと面白かったです。
グラハの移植もいつまでも待ってますよ……♡



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ハイリゲンシュタットの歌 ざっくりと感想 [その他乙女ゲーム]




はい!
久しぶりに新作プレイしてみよ―――♪
と、うきうき買ってみました。

こちら。







ごめん。
フルコンプはできなかった……。
忘却の使徒だけ恋愛エンドは見ていない……のですが、もう個人、個人感想も書けなさそうなので……一応、雑感くらいでも残しておければなと……記事にしてみました。


久しぶりに。
プレイを進めるごとにわけがわからなくなっていく作品をプレイした気がします。

うーん……????
5人きっちりプレイしたあとでも、よくわからない……????

音楽をテーマに構築された世界観はステキだと思うし、それに合わせてBGMや演出などもすごく凝ってて、とても美しいゲームでした。そこはまったくブレないし、スチルなんかも好みはあるだろうけど、柔らかいタッチで作品に合ってるなと思いました。
システムも結構親切。選択肢ジャンプとかもあるし、タッチスクリーンで快適操作だしね。

ただ、シナリオが全く頭に入ってこなかった……。
なんやろな……これ……。不思議な感覚ですわ……。
わかったつもりで進めると、あとでひっくり返される感じ?
あれ?結局そういう意味なん??え??どういうことなん??
みたいな感じが、話を進めれば進めるほど出てくるというか……????

おそらく、なのですが。

特殊な設定に対しての理解が追いつかないまま、物語においていかれたような気がします。

ファタリテート、ファルガーに、音の喪失……なんか、たっくさん謎の機関やら能力があるんですよね……。そのあたりが、かなりふわっとしている……。
5ルート通ったあとでも、いまいちきっちり説明できないです。
でもなんとなくやりたかったことは伝わるので、なんか申し訳ないんですけど、惜しいなあと……。

ハイリゲンシュタット……なので、まああの辺を想定して描かれているのでしょうが、かなり特殊なんですよ。この舞台のシャルという街は。
物語と読み手の親和性を狙ったのか、やたら日本の行事的なものがでてくるし(いちおうなぜかは示されているんですが)……メタなネタもたくさんでてくる……。
そこが、ミスマッチだなあと思うか、面白いじゃないか!と捉えるかはかなり個人の感性に左右されるかもしれないですね……!!
私はちょっと、ついていけずに「お、おう……」ってなってしまった方なのですが……。

個人的には、ちょっと設定自体がざっくりしすぎているかなとは感じました。
というか、厳密には設定を伝えきれてない感じがあるかな、という方が強いですね。
おそらくなんですが、書いている側しか知らない設定というか、書いている側にしかその時点で分かり得ないこと、みたいなことを大前提に説明しちゃってるような感じがある(もちろんそれを多少は他ルートで補完はしてくれているんだけれども……)ので、置いてきぼり感がすごかった。
だから、恋愛面以外でのキャラクターへの共感がまったくおいつかなかったですね。
(恋愛面はどの子も結構かわいくて、好きでした)

まず大前提である「音の喪失」事件がどう深刻なのかがまったくわからないまま5ルート終えてしまったというか……。

私、致命的やろ。

たぶん音楽というものに相当思い入れがある方でないと、この辺りは想像することさえ厳しかったですね……。この辺は私が悪いかもしれない……ので、気になる方はぜひプレイしてみてください……!

というわけで、以下はネタバレあり的な感想になります。


続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

明治東亰恋伽 Full Moon 感想 [その他乙女ゲーム]


明治東亰恋伽 Full Moon - PS Vita

明治東亰恋伽 Full Moon - PS Vita

  • 出版社/メーカー: LOVE&ART
  • メディア: Video Game




ご無沙汰しております!!
知らない間にひと月以上たってたよ!!ごめんなさい!!広告出しちゃったよ!!

ずっとドラクエ11やってたんです。

……。
RPGやり始めると、どうしてもね……。

というわけで、久しぶりに乙女ゲーム感想です。

ずっと積んでためいこい、プレイしてみましたー。
ざっくりとした内容ではありましたけど、面白かったですね!!

全体的にライトだけれども、大事な人と離れる切なさにきゅんとできる雰囲気作りはしっかりされていたかなあと感じる作品でした。
あと、1ヶ月という短い期間を描いた作品というのもあり、どこに惚れたの!?っていう展開もあるにはあるんだけど……立ち止まって考えるとですね。

この、錚々たるメンバーに芽衣ちゃんが瞬殺されるのはすっごい理解できるwwww

その逆はどうなのよ、ってところはもちろんあるのだけれども「現代」の感覚を持っているどこか不思議な年頃の娘さんに、文学や芸術などで名を残す彼らが興味を抱かないわけがない、という人ばっかりなのであんまり違和感はなかったですね。

総じて楽しかったです!!

それでは、以下からネタバレ感想です~♪

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

鬼と花妻 ~花盗人は、躑躅か椿か~(R18) 体験版をやってみた。 [その他乙女ゲーム]



ブラハも一段落ついたので、ちょっと体験版でもやってみよーと思ってプレイしてみました。

こちら。

鬼と花妻 ~花盗人は、躑躅か椿か~ / Eins アインツ







新ブランドEinsさんの「鬼と花妻」です!!


実はあんまり和モノ得意じゃないんだけれども(おい)キーヴィジュアルが綺麗なんで、久しぶりにR18にも手を出してみようと思って。
だって、もう……いつ、ぶり……??
ご無沙汰すぎてですね……(なんか意味深だな)

オペレッタさんのRTでこの作品について回ってくるので、勝手に姉妹ブランドかなんかなのかなと解釈していたんですが、ページ見てみると特になにもないから、違うみたいだ?ん?
まあよくわかりませんが、ライターさんは「幸の天秤」などにも参加されてる方のようですし、若干関係はあるっぽいですね!!

まあでも、そういうのは特に関係なく。
ほら、私は基本キャスト買いなんで……マーガリンさんが久しぶりにご出演ってなったら、食指は動いちゃうじゃないですか……!あ、四ツ谷さんも大好きですけど。

というわけで、買うことは決まっているんですが、一応ね、体験版をば。

それで肝心の感想ですが。
ふるゆらの時もそう思ったんですけど。

まあ、短いわな。

ただふるゆらもそうでしたけど(体験版、実はやったんだけど感想書く前に上が出てしまいましたねw)価格帯的にそんなに長くないであろう作品がこうして短くても体験版だしてくれるだけで御の字といいますか、ありがたいんですわ!ほんと。
普通の乙女ゲも出してほしいですな……ww

そんなこんなで短いからあんまりわからないんですけども、テキストとしては普通に読みやすかったです。内容は、かどわかされた経験から「鬼のお手付き」と揶揄され嫁にいけないヒロインが現実にうんざりしてたら、「鬼」にさらわれて……って時点でもういろいろ想像できるけど、全体的に短そうなのでさくっと王道展開をわかりやすく貫いてくれたら、楽しめそうかな。

鬼とその従者っていう攻略対象の立ち位置的にも乙女ゲーマーとしてはもう、わかってるよね?って言われてる感じがしますね(笑)
横恋慕的な、不憫萌え的な? まあ蓋あけてみるまでもちろんわからないんですけどね!!

個人的に驚いたのは、ヒロインにボイスがあったことですかね。
さっき挙げた「幸の天秤」もあったし、個人的にまったく抵抗はないんですけど、まさかのロリボイスでびっくりしました。
合ってるのか……合ってないのか……は判断できないくらいの短い体験版だったからアレなんですけど、乙女ゲで幼女ボイスはなかなか珍しいですよね……(笑)

ヒロインの性格的には冒頭シナリオ読んだだけなんであんまりわかんないですけど、ずっとお屋敷に閉じ込められていた感じのお姫様にしては、暗すぎないのでいいかな。あんまり卑屈なのは疲れちゃうんで……。あと、ちょっと天然っぽい一面があって面白かったw

絵も好みはやっぱりわかれるとは思うけれども繊細なタッチで綺麗だし、キャストさんも役にハマってるし、四ツ谷さん&マーガリンさんのファンは楽しめそう。
お2人ともお得意の路線というか。

気になったのは、昨今のVitaとか見慣れてると演出がちょっと前のゲームっぽい感じがするところかな。まあでもフルプライスでも安いからしょうがないような気もする。

とりあえずはこんな感じかな!
また本編プレイしたら感想あげられたらと思ってまーす♪

nice!(3)  コメント(0) 

Blackish House(ブラキッシュハウス) sideA→ 藤吾・澪 感想 [Blackish House]




ブラハAまるっとクリアしましたー!

ハニビ作品の中では好きな部類にはいりますね!
キャラ的には最近でいうなら「あやかしごはん」の方が好きだし、シーンやシチュエーションの好みは「リバソン」の方に軍配はあがるんだけど、トータルでみてなかなか面白かったです!

いっぱい芸事に従事している子たちが出てきますが、それぞれに役者としてのカラーというか、壁に対する向き合い方とかが描き分けられていて、そのあたりはとても丁寧だったなと思いました。

確かに乙女ゲームらしい記号っぽさはあるにはあるんだけど、そんなに気にならないかな。
全体的に見れば、それぞれの過去であったり、コンプレックスや悩みなどが少し画一的なところもあるけれど、もしかしたらsideZで何かつながってくるかもしれないし、その辺りはまあ、他ルート見てからですかね。

sideZも近いうちにプレイしますね!

それでは、藤吾と澪。
ネタバレ感想です(‘◇’)ゞ

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

Blackish House(ブラキッシュハウス) sideA→ 円・剛 感想 [Blackish House]



「猛獣たち~」も終わったところで、こちらのゲームのプレイを再開!!!


【初回限定版】Blackish House sideA→

【初回限定版】Blackish House sideA→

  • 出版社/メーカー: honeybee
  • メディア: DVD-ROM



通称「ブラハ」です♡

実は共通ルートで一度心が折れそうになったのですが、なんとか持ち直して、今はとても楽しんでおります。
なんというか、やっぱりアリガチな芸能モノといいますか、その辺で若干もうお腹いっぱい……しかも女優になれたのがなかなか謎な主人公というか……無気力ヒロインにも相まって、私のテンションはダダ下がり、だったわけなのです。

が。

個別ルートに入ると、凪いでいた彼女の感情が少しずつ動き始め、恋に仕事に翻弄される様が見られるので、だいぶ楽しくなってきました。
久しぶりにがっつり乙女ゲーム!!といった感じでちょっとわくわくしています♡

あと、このゲームは凄くデザインがオシャレで好きです。フォントとか、BGMとか。
トップ画面とかも攻略するごとにほのかに照らされていくキャラクターの演出とかもかっこいいし。あと2人プレイがんばるぞー!

余談ですが、宇賀神(CV石川界人さん)攻略するの。

死ぬほど楽しみです。


それでは。
簡単にですが、円と剛、ネタバレ感想です!




続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

猛獣たちとお姫様 感想 [その他オトメイト作品]




猛獣たちとお姫様 - PS Vita

猛獣たちとお姫様 - PS Vita

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game




お久しぶりでーす!

実はブラハをずっとプレイしていたんですが、あまりにも安い値段でこちらのタイトルが売っていたので……プレイしてみました。

が。

うーん、まあ、値下がりしてるのは、なんとなくわかるかなって感じの作品でしたね。

ぶっちゃけ、だらだら長いよりかは、わかりやすくすぱっと短く楽しく!みたいなコンセプトで作られた乙女ゲームもそれなりに好きなので長さに関しては特に気にならなかったです。ただ、うーん、シナリオのバランスが若干悪いかなとは思いました。
というのも。

猛獣たちの前座感が半端ない。

まあ、もう出てからだいぶ経ってるので言っちゃいますが、全員プレイしたら攻略できる魔術師さん、攻略制限がかかってるリシャルトの話が、あまりにもメインすぎて他の動物さんたちはいったい……状態なんですよね。

……だって、塔に閉じ込められてたお姫様とずっと一緒にいたのは、動物たちなんだよ!?
もっと(シナリオ的に)報われてもええやんか!!!
なんで全部CV櫻井孝宏の魔術師がもっていくんや!!!!!
(ちなみに櫻井さんは大好きです)

もう、後半2ルート(ifも含めて)「実はお前はな……なんとかかんとか」「俺の正体はうんたらかんたら」とかいう説明ばっかりで、私ぐったりでしたわ……www


内容的にはまあ、よくあるファンタジーなんだけれども、前作「猛獣使いと王子様」とのつながりも見せていて、そんなにひどいっていうほど、ひどくはない。というか、むしろオトメイトさんの作品のなかではなかなかに安定している部類に入ると思います。読みやすいし。ただ内容は、小学高学年女子が読むノベルくらいのファンタジーものといいますか、まあ、全体的にやさしい世界なので、大人には物足りないかもしれませんけどね。

確かに私みたいなガチな乙女ゲーマーはおよびじゃない内容ではあるけれども、絵がキレイ、好きなキャストさんが出ているからプレイしてみよ♪というようなライトユーザー、または若いお嬢様たちにはそこそこ満足できそうな内容であることは確かなんですよ。

ただ、見せ方がちょっとまずかったかな……?と思ってしまいました。

でも、やっぱりフリーモフモフシステムはかわいいし、にやにやしますね。
なんというか、ディテールが細かいというか。
画面を撫でると、動物たちの毛とか服がふわっと、ふわふわっとするんですよ!!!

あれは、なんか癒されますね。
あと、動物の時の顔がなんせみんなとっても可愛い。

個人的にはクマが好きです。クマがくま……いや、困った顔をするときが好きです。

紫あやさんのイラストは相変わらず美しいですね。
SNOW BOUND LANDでもそうでしたけれど、ほんっと綺麗でファンタジーの雰囲気たっぷりな絵柄は素敵。スチルも結構充実してたし、そこは素晴らしかったです。

うーん、個別感想書くほど何か引っかかった点もないので、各キャラ別には書けないのですが、個人的に好きなルートは、ユゼフかな。あの、何も考えていないようで本質を突くことを言ったり、誰もが躊躇することをやってのけたりするユゼフのキャラクター性が結構好きです。
余談ですが、代永さんってミアーシュみたいな役多いな……(笑)
リシャルトもいけすかないやつだなって思ってたんですが、まあ、アレは理由があるからいいとします……ww

最後にいいたいのは、魔術師ルートはVita投げ捨てたくなりましたw
深くはきかないでね。
……白イタチはメリーバッド的なやつでよろしい!!!(笑)
魔術師さんがどうの、というのではなく、魔術師ルートの姫様がキツかったです……www


nice!(2)  コメント(0) 

CHAOS;CHILD (カオスチャイルド) らぶchu☆chu!! 尾上世莉架・トゥルー 感想 [科学ADVシリーズ]




とうとうLCCも終わってしまいました。
ああ、楽しみにしていたゲームをプレイし終えたときの充足感と喪失感は何度味わっても……慣れないですね……!!

いやあ、面白かったです。
最高の”続編”でした。

続編というよりかは、”アンコール”といった方が正しいのかもしれないですね。
”終幕”を迎える前に、あと少し、もう少しだけ――。

彼の心は決して揺らがない。
彼は決して道を違えたりしない。
やっぱり宮代拓留はどこまでいってもカッコよかったです。

それでは!
LCCの感想はこれでラストになります!
メインヒロイン、尾上のネタバレ感想は以下からどうぞ~!!


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -